天守閣を一望できる絶好のロケーション

 一番の魅力は、大阪城の天守閣を間近で見ながら公園の緑のなかで食事を楽しめる点だ。残念ながらすべての店舗から天守閣が見えるわけではないが、テラス席を設けた開放感のある店舗が多い。また、緑豊かな公園の自然環境と調和した、ナチュラルでモダンな外観や店舗デザインも居心地の良さにつながっている。

 天守閣を望みながらゆっくりと食事を楽しめるスポットとしておすすめなのが、Fテラス2階のブッフェレストラン&BBQ「グッドスプーン」。大阪・南堀江の人気カフェが手がけるBBQと肉料理を堪能できる店舗で、インテリアデザインのカームデザインが展開する。

 いち押しのメニューは、BBQ禁止の大阪城公園内で唯一楽しめるBBQコース。予約不要でテラス席の専用テーブルが空いていればすぐに楽しめるが、しばらくは行列必至だ。4種類のミートを楽しめるミートプラッターも予想以上に好評という。同店では「オールデーブランチ&ディナー」をコンセプトに、チョップサラダやエッグベネディクト、マフィンサンドなど女性に人気のメニューも充実。70席のテラス席は屋根付きなので雨の日でも安心して食事を楽しめそうだ。

 ラーメン店とは思えないスタイリッシュな空間で、こだわりのラーメンと樽生クラフトビールを味わえるEテラス1階の「タカヒロ」も注目店のひとつ。「人類みな麺類」「世界一暇なラーメン屋」など行列のできるラーメン店で知られるウンチの新業態で、世界進出のための拠点に位置付けているという。系列店では味わえないカツオだし100%の醤油ラーメンと、オーナー自ら飲み歩いて探したクラフトビールを提供。店内には200インチの大画面モニターが設置されていて、アーティストのライブ映像が観られるのもうれしい。「大阪城ホールの公演を観に来た人にも楽しんでほしいので、その日公演するアーティストの映像を流す予定だ」(同店スタッフ)。

 ほかには、和のテイストをモダンに表現したラウンジ&ビストロ「テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ」や、パイ生地を使ったピザで有名なイタリアンダイニング「ナトゥーラ」にも注目したい。ぜいたくな空間で本格的な料理を楽しむという、これまで大阪城公園ではできなかった体験が人気を集めている。

南堀江の人気カフェ「グッドスプーン」の2店舗目。全136席のうち、BBQができるテラス席は70席。周囲の自然となじむように、天井から床まで全面木で統一されたおしゃれな内装が印象的
[画像のクリックで拡大表示]
BBQコースは2種類あり、飲み放題付きBBQプレート4800円、同じくSP BBQプレート6800円。飲み放題なしも可能。人気のミートプラッターランチは1人前1880円~
[画像のクリックで拡大表示]
タカヒロオリジナルの「醤油らーめん」は100グラム520円、150グラム880円。カツオだしベースのしょうゆスープに、麺は極細の全粒粉麺を使用。レアチャーシューと穂先メンマが味をいっそう引き立てる
[画像のクリックで拡大表示]
クールジャパンのテイストを空間と食事で表現する和モダンラウンジ&ビストロ「テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ」。現代的なデザインのなかに和のテイストを融合したインテリアの店内
[画像のクリックで拡大表示]
約200グラムものボリューム満点の牛フィレ肉を、フランス・ゲランド産の塩を加えた抹茶塩で味わう一品。その日に仕入れた地元野菜のグリルを添えて。3500円(テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ)
[画像のクリックで拡大表示]
ランチで提供される「お重アフタヌーンティー」は大阪の地の食材を採用し、和の要素を加えたオリジナルメニュー。自家製バンズのバーガーやスコーンなど約13種類の料理と、ドイツのロンネフェルト社の紅茶などを味わえる。2500円(テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ)
[画像のクリックで拡大表示]
心斎橋などでイタリアンダイニングを展開する「ペスカ」の4店舗目。ガラス窓で囲まれた「ナチゥーラ」の店内には自然光がふんだんに振り注ぎ、開放感たっぷり
[画像のクリックで拡大表示]
「ナトゥーラ」のいち押しメニューはパイ生地で作ったピザ「パイッツァ」。なかでも、ビスマルク風パイッツァは10数年来の一番人気。パイッツァランチは5種類あり、スープ、サラダ付きで1000円から
[画像のクリックで拡大表示]