「グランスタ」「キッチンストリート」「黒塀横丁」など、多くの飲食店街が集まる東京駅。そんな東京駅の八重洲口に、2018年6月28日、新たなグルメスポット「東京グルメゾン」が誕生した。全7店舗で、海鮮居酒屋、鉄板焼き、ハイボール専門店など、バラエティー豊かな店を集めている。

「東京グルメゾン」(東京駅八重洲北口2階)。営業時間は月〜土曜日が11〜23時、日曜・祝日は11〜22時
[画像のクリックで拡大表示]

 東京グルメゾンがあるのは、八重洲北口改札からほど近い商業施設「東京駅一番街」の2階。以前は別の飲食店街があったが、「似たような雰囲気の居酒屋が集まっており、店の選択肢が少なかった」と、東京グルメゾンを運営する東京ステーション開発 営業部営業課の大橋麻衣氏は話す。また、来店客の中心はシニア層だったため、客層を広げる目的でリニューアルを行ったという。

 リニューアルにあたり、全7店中5店に個室を設けているのも特徴的だ。「東京駅改札内や構内に個室がある飲食店が少なく、女子会や子ども連れにも使いやすい店が必要と考えた」(大橋氏)という。また、アルコールを提供するにもかかわらず、全店が禁煙というのも珍しいだろう。

トイレにはベビーベッドや子ども用便座などもあり、小さな子ども連れでも使いやすい
[画像のクリックで拡大表示]