2017年6月23日、銀座ベルビア館3~6階に「銀座ロフト」が開業。6月11日に閉店した「有楽町ロフト」が移転したものではなく、“次世代店舗”をうたう、全く新しいタイプのロフトだという。

 「モノ」「コト」「ヒト」の3本柱で、雑貨専門店のフラッグシップストアづくりを推進するのが、今回の銀座ロフト。店舗は、“大人のカップルが楽しめる上質な空間”をコンセプトに、地下1階~地上9階までセレクトショップや豊富なジャンルの飲食店がそろう商業施設・銀座ベルビア館の3階~6階。店内には、ロフトオリジナルコスメブランドからクールジャパンの代表格であるアニメ関連雑貨まで、多種多様な雑貨を5万点そろえている。

「銀座ロフト」は銀座ベルビア館3~6階に開業。銀座一丁目駅5出口から徒歩約1分、銀座駅A13出口から徒歩約3分
[画像のクリックで拡大表示]

 フロアは3階はボディー&ビューティ、4階はホームソリューション、5階はワーク&スタディ、6階はネクストクリエーション、トラベル/モバイルツールで構成。営業面積は3313平方メートルと有楽町ロフトの2500平方メートルより広い。

 なぜ有楽町ロフトが全く異なるタイプの銀座ロフトに“変身”したのか。藤野秀敏館長は、「雑貨の見直しが目的」だと語る。

 「もともと雑貨は脇役だったが、最近では暮らしを豊かにしてくれる主役になっている。それにつれて、お客さんのニーズもどんどん高度になり、こだわりの店、こだわりの商品じゃないと満足しない。我々のような大型雑貨店がこうした流れに対応するのは難しいが、そのままでは何でもそろっているだけの店になってしまう。銀座ロフトでそこを打破したい。雑貨の楽しみをさまざまな側面からもう一度アピールしていきたい」という。

 また、銀座ロフトは雑貨の楽しみを知ってもらうために、店内でさまざまな提案を行う次世代店舗に挑戦するという。