ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」と「ウェンディーズ」とのコラボ業態「ファーストキッチン・ウェンディーズ」が好調だ。

 ファーストキッチンは1977年サントリーの100%子会社として創業。2016年6月、サントリーホールディングが保有していた全株式をウェンディーズ・ジャパンに譲渡したため、ウェンディーズ・ジャパンの傘下に入った。2015年12月期の売り上げは92億円。現在、全国に約135店舗を展開する。

 一方、米国で1969年に創業し、世界第3位のハンバーガーチェーンであるウェンディーズは世界30カ国に約6500店舗を展開し、2016年度の売り上げは約1兆円(約90億ドル、1ドル=111円換算)に上る。ただ日本には1980年に一度進出したものの、2009年末に撤退。2011年にウェンディーズ・ジャパンを設立して再上陸したものの、苦戦を強いられていた。

 そのウェンディーズの復活の契機となったのが、ファーストキッチン・ウェンディーズだ。2015年3月に六本木に開業した1号店は計画を大幅に上回る前年比63%増の売り上げを記録した。さらに「六本木店は外国人客が多い独特の立地。そこで、実験的に上野浅草口店もコラボ業態に改装したところ、こちらも前年より31%売り上げが増えた」と、ファーストキッチンのアーネスト・M・比嘉会長は振り返る。

 事業拡大の手応えを得た同社は2016年、東京都内のファーストキッチン6店舗をコラボ業態に転換。今年に入ってからも東京・神奈川の8店舗を一気に転換し、全店20~50%増ペースで売り上げを伸ばしているという。

 その勢いに乗って、2017年6月6日には関西にも進出。大阪なんばの戎橋筋商店街南口に「難波戎橋店」をオープンしたのを皮切りに、6月13日は京都大丸前店、6月下旬は梅田ヘップナビオ店、7月は天保山マーケットプレース店と立て続けにオープンする。ウェンディーズとしては、2009年の日本撤退以来だ。

 世界でも類例のないハンバーガーチェーン同士のコラボ業態。その狙いと好調な要因を経営陣が語った。

ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」と「ウェンディーズ」のコラボ業態「ファーストキッチン・ウェンディーズ」。関西1号店が大阪難波の戎橋筋商店街にオープンした
[画像のクリックで拡大表示]
関西初上陸を記念して期間限定メニューも登場。ウェンディーズのハンバーガーを大阪で食べられるのは8年ぶり。コラボ業態のハンバーガーには、すべてウェンディーズのバンズとパティが使用されている
[画像のクリックで拡大表示]