郊外型カフェ「むさしの森珈琲」、少量多種類のメニューをワンプレートで提供する「和ごはんとカフェ chawan(ちゃわん)」など、2015年から展開している“脱ファミレス”専門店が好調なすかいらーく(関連記事「すかいらーくが「郊外型カフェ」参入! メニューは“流行りもの全部入り”!?」、「すかいらーくが商業施設に本格出店! “ちょっとずつメニュー”には裏テーマがある!?」)。そのすかいらーくが今度は、ハワイ料理に進出。2017年6月17日、「La Ohana(以下、ラ・オハナ)」1号店を、横浜・本牧にオープンした。

 「ハワイは日本人にとって親しみがありながら、憧れの地。上質なハワイを体験できる空間を提供したい」(すかいらーくレストランツの松本純男社長)というが、正直、パンケーキブーム以降、ハワイアンカフェは巷にあふれていて、食傷気味。しかもオープンした横浜市・山手のロードサイドは交通量こそ多いものの、商圏には食に対する感度の高い住民が多く競合店も多いとあって、すかいらーくがいくつか業態転換をしてきた場所だ。

 そんな場所に、なぜ今さら、ハワイ料理店をオープンさせたのか。いったい、これまでのハワイ料理店とどこが違うのか。オープン直前の内覧会に足を運んだ。

「La Ohana(ラ・オハナ)横浜本牧店」(神奈川県横浜市中区本牧原18-22)。営業時間は7~24時。140坪で席数118、駐車場は29台収容可能
[画像のクリックで拡大表示]
エントランスはリゾートホテルのチェックインカウンター風。ハワイ風のユニフォームを着たスタッフが出迎える
[画像のクリックで拡大表示]
約140坪の広々とした店内は5エリアに分かれている。写真は「メインホール」
[画像のクリックで拡大表示]
半個室になっている「ガーデンテラス」
[画像のクリックで拡大表示]
開放感のある「オープンガーデン」
[画像のクリックで拡大表示]
青と白で統一された「オーシャンカジュアル」
[画像のクリックで拡大表示]
より個室感の高い「プライベート」
[画像のクリックで拡大表示]
店内には水が流れていて、その音で癒やされる
[画像のクリックで拡大表示]
提供されるハワイ料理の一部。メニュー担当者がハワイを食べ歩いて本場の味をインプットしたという
[画像のクリックで拡大表示]
同店いち押しメニューは、百花はちみつ、塩麹、スパイスなどを使った特製だれでマリネしたひな鶏をオーブンでジューシーに焼き上げた「まるまる一羽! HULIHULI チキン La Ohana」(オープン特別価格1280円)。炭火風味醤油、BBQ、スイートチリの3種のソースが添えられている
[画像のクリックで拡大表示]