2018年5月30日、創作和食レストラン「権八」が海苔手巻き専門店を東京・原宿駅前にオープンした。同店は権八ブランドの12号店目にあたる。メニューは10種類の海苔手巻きずしのみ(赤だしを除く)で、ネタによっては通常のすし飯の代わりに同店が開発したオリジナルの「カリフラワーライス」も選べるのが特徴だ。

「権八 NORI-TEMAKI 原宿」(東京渋谷区神宮前6丁目35-3 コープオリンピア1階)。JR原宿駅より徒歩2分。営業時間は11~22時。平均客単価は昼と夜と平均で2000円前後。「カフェ ラ・ボエム」「モンスーンカフェ」など国内・米国に55店舗のレストランを展開しているグローバルダイニングが手がけている
[画像のクリックで拡大表示]

 権八は、映画「キル・ビル」の舞台のモデルになったことでも知られている。2001年のオープン以来、古民家を模した和食レストランとして訪日客にも人気が高く、2002年にはジョージ・W・ブッシュ元大統領とともに小泉純一郎元首相も西麻布店を訪れている。その権八が手がける手巻きずし専門店とは、一体どんな店なのだろうか。

ビールも日本酒も1種類ずつで、アルコールは少なめ

 「権八 NORI-TEMAKI 原宿」があるのは、原宿駅前のマンション「コープオリンピア」の1階。既存の権八のような高級感のある内装とは違い、席はカウンターのみで簡素な丸椅子を置いている。ベルトコンベアで寿司が流れてきてもおかしくないほど、カジュアルな雰囲気だ。

店舗面積は約100平方メートル、席数30
[画像のクリックで拡大表示]

 フードメニューは手巻きずしのみ。ドリンクはビールがグラス1種類、ワインも赤・白あるが、それぞれ1種類で、日本酒はワンカップのみ。アルコールの種類が豊富な既存店舗とはかなりイメージが異なる。店舗を運営するグローバルダイニングの小林庸麿氏によると、同店は権八ブランドとしては初の「ファストファインカジュアル」業態。これは新鮮な食材をシェフの手で調理し、気軽に食べられる業態のことで、「時間の余裕がない人でも、手軽にきちんとした食事ができるような店舗にした」(小林氏)という。