チーズタルト、シュークリーム、カスタードアップルパイ、バターサンドと“1ブランド1商品”の専門店を次々にヒットさせているBAKEが、初の和菓子ブランドを発表。2017年5月25日、生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」1号店を東武池袋駅構内にオープンした。

 「商品力があり、洋菓子で培った技術を生かせる和菓子を以前から研究していた。どら焼きを選んだのは、誰にでも好まれ、得意とするスポンジケーキの技術を投入できると考えたから。洋菓子で培った技術を生かし、誰も味わったことのない新食感の生地でどら焼きを作れば、和菓子の可能性を広げられると考えた」(BAKEの長沼真太郎社長)。

 同店の生どら焼きは洋菓子で用いられる別立て(卵の黄身と白身を別々に泡立てる)製法で作った生地を北海道工場から直送し、店頭で蒸すことでスポンジケーキのようなふんわり軽い食感の皮に仕上げているという。それに北海道産・脂肪分35度の牛乳をふんわりホイップした生クリーム、アズキの中でも最高級とされている十勝産の「雅(みやび)」を少量ずつ炊き上げた粒あん、北海道産の米「はくちょうもち」を使用した弾力のある求肥(ぎゅうひ)をサンドしている。

 しかし洋風のテイストを取り入れた和菓子はすでに数えきれないほどあるし、生クリームをはさんだ「生どら焼き」も別に珍しくはなく、話を聞いただけではそれほどの斬新さは感じられなかった。“和菓子の可能性を広げられるような新しさ”は、本当にあるのか。オープン当日のショップに行き、確かめた。

東武池袋駅構内にオープンした生どら焼き専門店「DOU」池袋店。営業時間は10~22時。通路に面したガラス窓は右から左に向かって流れ作業でドウを完成させる様子が眺められる。店舗デザインは、古くから和菓子の調理器具として使われてきた銅をモチーフにしている
[画像のクリックで拡大表示]
「生どら焼き」(300円)は1人4個まで購入可能
[画像のクリックで拡大表示]
ふわふわの生地の上に粒あんを手しぼりで乗せる。粒あんは大粒で紅い光沢が鮮やかな北海道十勝産の最高級小豆「雅(みやび)」を使用し、小豆の粒立ちと香りを残すために少量ずつ炊いている
[画像のクリックで拡大表示]
マシンでなめらかにホイップした北海道産の生クリームをたっぷり乗せる。生クリームは北海道産の牛乳を使用した、脂肪分35度のもの。食感が軽く、すっきりとした後味が特徴
[画像のクリックで拡大表示]
大粒の求肥を乗せる。求肥は北海道で栽培される「はくちょうもち」というもち米を使用し、シロップなどの材料と混ぜて手作りしている
[画像のクリックで拡大表示]
皮をもう一枚重ねて完成
[画像のクリックで拡大表示]
ベルトコンベアーの最終部分となる左端の窓から販売。奥に見えるのは東武東上線中央改札口
[画像のクリックで拡大表示]