近年、新たな切り口のヒット商品が次々に生まれている土産菓子。その主戦場ともいえる東京駅のエキナカに、行列のできるスイーツ店を次々に展開しているBAKEが初進出する。2017年4月27日にオープンしたバターサンド専門店「プレスバターサンド」がそれだ。

 「流通菓子と同じような品質で、価格は2~3倍という土産菓子が少なくない。そこに進化の余地があると感じて挑戦した。今後は土産菓子事業を柱の一つに育てていく。百貨店への出店も視野に入れている」(BAKEの長沼真太郎社長)

 プレスバターサンドで販売するのは、店舗に併設する工房で作ってすぐに提供する「焼きたてバターサンド」と、北海道工場から直送する日持ちのやや長い土産菓子「バターサンド」の2種類。北海道産のフレッシュバターそのものの味わいを楽しめるように開発された菓子で、とろりとしたバタークリームとバターキャラメルを、サクサク感が特徴のクッキーで挟んでいる。このクッキーを作るためにオリジナルのプレス機を使い、和菓子の製法にルーツを持つ「はさみ焼き」を採用しているという。

 BAKEといえば、行列店として有名な焼きたてチーズタルト専門店「ベイク チーズタルト」などを運営している会社。同ブランドの店舗は2013年の1号店オープン以降わずか4年で国内に14店舗、海外に19店舗をオープン。年間で約3500万個を販売しているが、今や海外店の売り上げのほうが高いという。そのほかにも、シュークリーム専門店「クロッカンシュー ザクザク」を国内4店舗と海外1店舗、焼きたてアップルパイ専門店「リンゴ」を2店舗運営している(関連記事「シュークリームの新トレンドは「皮」? 行列店続々、クリームなしも!」)。

 お菓子を進化させることをミッションとして掲げる同社が初挑戦する、“革命的な土産菓子”とはいったいどんなものなのか。オープン当日にチェックした。

バターサンド専門店「プレスバターサンド」。JR東京駅丸の内南口構内の改札近く。営業時間は8~22時。北海道工場で作った賞味期限の長い箱菓子「バターサンド」を販売すると同時に、併設の工房で焼き上げた「焼きたてバターサンド」も提供する※焼きたてバターサンドの販売は9時以降
[画像のクリックで拡大表示]
ガラス張りの工房の中でクッキーをプレスする様子やバタークリームを詰める様子も外から見られる
[画像のクリックで拡大表示]
併設の工房で焼き上げる「焼きたてバターサンド」は賞味期限4日間で、1個 150円(税込み、以下同)。1人4個まで購入可能、1日の販売数に限りがある。北海道の工場から直送される「バターサンド」は賞味期限が店頭渡し時から10日間で6個入り900円、10個入り1500円
[画像のクリックで拡大表示]
さっくりしたクッキーで、北海道産フレッシュバターを使用した濃厚なバタークリームと口どけなめらかなバターキャラメルの2層を挟んでいる。クッキーはボックス型なので、軟らかいバタークリームがはみ出さないのも特色。表面に入った柄は力学的に割れやすいように設計されている
[画像のクリックで拡大表示]
軽く力を入れただけでさっくりと割れ、中からバターキャラメルとバタークリームがあふれ出す。今までの土産菓子にはない半生感
[画像のクリックで拡大表示]