セブン&アイ・ホールディングスは2016年4月25日、同社の商業施設としては最大規模となる「セブンパークアリオ柏」をオープンさせた。敷地面積はなんと約13万平米、売り場面積は約6万5000平米で、テナント数は約200。約1万3千平米の大型公園「スマイル・パーク」を併設している。

 店舗棟は東西のエリアに分かれており、西エリアは「自然」、東エリアは「都会」をイメージした店舗配置になっている。また1階が食を中心としたゾーン、2階がファッションや雑貨のゾーン、3階がキッズや飲食店のゾーンに分かれている。初年度の売り上げは300億円が目標だ。

 まず気になるのが、交通の便。国道16号線と県道8号線の交差するポイント近くなのでクルマなら便利だが、周辺のどの駅からも遠い。柏駅からバスで20分、新鎌ヶ谷駅からバスで30分、柏駅からタクシー利用でも約15分かかる。同社ではオープン時よりJR我孫子駅北口から平日は1時間に1~2本、休日は1時間に2~3本程度の無料シャトルバスを運行させるが、そのバスも片道約25分かかるのだ。

 同社でもその点は考慮のうえで、「地の利が悪いぶん、より広域から集客しなくてはならない。これまでのSC(ショッピングセンター)以上に魅力のある取り組みが必要になる」(イトーヨーカドーの野口信行執行役員)。どのような方法で往復で1時間弱という地の利の悪さをカバーしようとしているのか。オープン直前の内覧会に参加した。

アリオとしては18店目となる「セブンパークアリオ柏」(千葉県柏市大島田950番地1号)。敷地面積約13万平米、商業施設面積6万5000平米。店舗は1~3階、店舗数約200、駐車台数4000台(臨時駐車場含む)、駐輪台数1500台
[画像のクリックで拡大表示]
約1万3千平米の大型公園「スマイル・パーク」を併設。大規模な野外舞台やバーベキュー場、ドッグラン、ウオーキングコースなどを設ける。夏には大きなサーカスの誘致も予定している
[画像のクリックで拡大表示]
1階中央の入口を入ってすぐ目に入るのが、1階から3階までの広大な吹き抜け空間に巨大オブジェが配置された「ビッグ・ワンダー」。いろんなものが実物の20倍のサイズになっているという。自分が小人になったような錯覚をおぼえる
[画像のクリックで拡大表示]
「自然」をテーマにした西エリアでは森をイメージしたカラーを採用
[画像のクリックで拡大表示]
「都会」をイメージした東エリアには「ZARA」などの衣料ブランドや生活雑貨店などが多い
[画像のクリックで拡大表示]