ナムコは2017年4月21日、屋内アスレチック施設「スペースアスレチック トンデミ」を、イオンモール幕張新都心にオープンした。

オンモール幕張新都心にオープンした屋内アスレチック施設「スペースアスレチック トンデミ」
[画像のクリックで拡大表示]

 テーマは「新奇性のある遊びを集めた“体汗”エンターテインメントセンター」で、国内ではまだ少ないトランポリンやクライミングウォールを使った遊びを、専門スタッフのサポートを受けながら親子やグループで楽しめるのが特徴だ。はたして本当に“いい汗”がかけるのか、体験してきた。

国内最大級のトランポリン施設

 トンデミの特徴は、まず国内最大級というトランポリン施設だ。トランポリンエリアは約200坪の広さがあり、自由に飛べるコーナーだけでなく、トランポリンを使ってダンクシュートやドッジボールができるコーナーなどさまざまな遊びを体験できる。

トランポリンがずらりと並んだフリートランポリンエリア
[画像のクリックで拡大表示]
トランポリンでジャンプしながらドッジボールができるエリア
[画像のクリックで拡大表示]
トランポリンでジャンプしてダンクシュート体験ができる
[画像のクリックで拡大表示]

 トランポリンは飛び方によっては重大な事故につながることがあるため、宙返りや、背中・おなかから落ちる飛び方などは禁止されている。トランポリンも含めて、各エリアには専門家の指導を受けたスタッフがおり、安全な遊び方を指導してくれる。

トランポリンの激しさに撃沈

 トランポリンを使った遊びのなかでも面白いのが、トランポリンと体を使って操作する宇宙レースゲーム「スペースホッパーズ」だ。

 目の前の大型スクリーンに表示される宇宙空間を進んでいくゲームで、トランポリンの中央で高く飛ぶほど速く進める。トランポリンの下にあるセンサーで飛ぶ位置などを測定し、ジャンプ位置の正確さやジャンプの高さによって進むスピードが変わる。アーケードゲームを手がけてきたナムコらしいアトラクションだ。

ジャンプの正確さや高さで競う宇宙レースゲーム「スペースホッパーズ」。ゴールするまでのタイムを競うが、かなり激しい運動になる
[画像のクリックで拡大表示]

 面白そうなので、筆者も早速チャレンジしてみた。まずトランポリンの中央で安定して飛び続けることが難しい。そして着地の衝撃を体全体で吸収し、その反動を使って高くジャンプするのはもっと難しかった。宇宙を飛ぶような浮遊感が魅力らしいのだが、それを味わう余裕は全くなく、完走するだけで精いっぱい。わずか数分間プレイしただけなのに、ゴールしたときは汗だくで膝も足首も腰もガクガク。とても楽しかったが、かなり激しい運動だ。