「レゴランド・ジャパン」がオープンするなど、今、注目を集めている名古屋(関連記事「名古屋「レゴランド」大解剖! 並ばなくても楽しめる」)。2017年4月17日、JR名古屋駅に直結するビルに「名古屋JRゲートタワーホテル」(運営はジェイアール東海ホテルズ)が開業した。新幹線の改札からフロントまで約5分と利便性も高く、客室から新幹線を望むことができるトレインビューも大きなウリだが、特徴はほかにもあるという。

「名古屋JRゲートタワーホテル」のエントランス
[画像のクリックで拡大表示]

自動チェックイン機で業務を効率化

 ホテルは、名古屋駅の桜通口に新たにオープンしたJRゲートタワービルに入っている。客室は18~24階で、15階にあるフロントに1階から直通のエレベーターで上がることができる。フロントのあるフロアにはレストランやスターバックスコーヒー、コンビニなどもあるので、ちょっとした用事ならホテルの外へ出ずに済ませることができるのは便利だ。

 チェックインはフロントで名前の記入などを済ませたのち、後方にある機械で事前精算する。精算が済むとカードキーが発行される仕組みだ。支払いも機械を活用して業務の効率化を図っているので、最小限のスタッフで運営できるそうだ。

窓が多く、開放感のあるフロント
[画像のクリックで拡大表示]
自動チェックイン・チェックアウト機は、クレジットカードにも対応している
[画像のクリックで拡大表示]