日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」の開業で人の流れが大きく変わりつつある新宿エリア。その変化をさらに加速させそうなのが、2016年3月25日、新宿駅新南口前にオープンしたルミネの新商業施設「ニュウマン」(NEWoMan)だ(関連記事:“大人ルミネ”は何が違う? 新宿「NEWoMan(ニュウマン)」の狙いとは)。

 第一期はアパレルや雑貨店中心だったが、4月15日にはいよいよ食を中心とした第二期がオープン。日本初上陸レストランやカフェ、新業態のフードショップ、物販店など、フード関係のショップがそろった。

 ただ、第二期は新宿駅新南口ビル2階フロアにありながら改札内の「エキナカ」と改札外の「エキソト」に分かれており、初めて訪れた人は迷いそう。そこでまず覚えておきたいのが、「買うならナカ、食べるならソト」。レストランやカフェは新南口ビルの外側にあり、テイクアウト用スイーツなどの物販店は改札内に集中しているのだ。

第二期がオープンするのは新宿駅新南口ビル2階フロア。同ビルの3、4階が日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」
[画像のクリックで拡大表示]

「カスタマイズピザ専門店」と「デザートバー」に注目

 まずはしっかり食事を楽しみたい人向けに、エキソトのレストランから紹介する。

 注目は何といっても日本初上陸店。なかでも「800 ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア(800 DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA)」と「JANICE WONG(ジャニス・ウォン)」は新宿駅南口から甲州街道をはさんだ向かい側に2店並んでいるので非常に目立ち、“2枚看板”といった印象だ。

 800ディグリーズ ナポリタン ピッツェリアは“カスタマイズピザ”ブームの火付け役といわれる米国ロサンゼルス発の人気ピザレストラン。約40種類の具材から自分でカスタムメイドでき、名前の由来でもある華氏約800度(摂氏427度)の薪窯で約90秒間で焼き上げるのが特徴。注文した客がカウンターを離れる前に出来上がってしまうこともあるとか。

 女性の長い行列が必至なのは、2年連続で「アジアのベスト・ペストリー・シェフ」に選ばれている女性パティシエ、ジャニス・ウォンによるデザートバー「ジャニス・ウォン」。キッチンとカウンターが一体化した“ライブキッチン”では、注文のたびに目の前でプレゼンテーションするようにスイーツを作り上げる。斬新な素材の組み合わせは“食べられるアート”ともいわれ、世界中の有名シェフからも注目の的。バーなのでアルコールとの組み合わせを重視しているが、今回の店ではノンアルコールのドリンクも充実させたという。

 甲州街道から向かって右側奥には複数の飲食店が集合した「フードホール」があり、席数が多くゆったりした店、インパクトのあるインテリアの店が並ぶ。シンガポールで人気のオイスターバーや、バスク地方料理の店などがあり、異国情緒も味わえそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
日本初上陸となる「800ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア」は華氏800度(摂氏427度)の高温に保たれた薪窯で 1分前後で焼き上げるピザが特徴
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
まずベースのピザを5種類から選び、トッピングを足していく
マルゲリータにリコッタチーズとナスを加えて焼き、後でケールチップスと生ハムをのせたカスタマイズ例
[画像のクリックで拡大表示]
サイドメニューでは「ブラータ」(生クリームを包み込んだフレッシュモッツァレラ)が売り
[画像のクリックで拡大表示]
スイーツを酒と一緒に楽しむデザートバー「ジャニス・ウォン」も日本初上陸。写真はパティシエのジャニス・ウォン氏
[画像のクリックで拡大表示]
相性の良い酒との組み合わせも提案。写真はビターチョコレート、塩キャラメル、ユズなどを使用した「チョコレートH2O」(1600円)
[画像のクリックで拡大表示]
「カシスプラム」(左、1950円)、「ストロベリーカプレーゼ」(奥、1800円)、「ミソ マスタード」(手前、1400円)。コース(3000円~)もある
[画像のクリックで拡大表示]