日本茶といえば急須でいれるかペットボトルを買うかが一般的だが、意表を突く楽しみ方を提案する店が話題となっている。東京・三軒茶屋の駅から歩いて7分、にぎわいとは無関係な住宅街に立地する日本茶カフェ「東京茶寮」だ。

 運営するLUCY ALTER DESIGNは社名からも分かるように、もともとは日本茶業界とは縁もゆかりもないプロダクトデザインの会社。法人向けにバリスタを派遣するサービスも手掛けており、そこでコーヒーと日本茶の共通項に気付いたという。

 「サードウエーブコーヒーのように、日本茶も産地や焙煎の違いで異なる味わいを楽しめるのではと考えたのがきっかけ。ただ、日本茶は急須でいれるかペットボトルで買うかくらいしか飲み方の選択肢がなく、茶道になるとかしこまりすぎ。もっとカジュアルに楽しむ方法をと考え始めたのが2016年2月ごろだった」(LUCY ALTER DESIGNの青柳智士社長)。

 ドリップ以外にも水出し、フレンチプレスなどのいれ方を検討したものの、ドリップに決めて製品が完成したのは7月。茶こしは新潟県燕三条産、ドリッパーには長崎県の波佐見焼や北海道産のタモ材など国産の素材を使った道具はシンプルながら斬新。初めて見た人は「?」と思うに違いない。

 当初は市販を考えていたが、製品に合わせて茶を選んでいるうちに考えが変わったという。「商品だけを売っても、私たちが思い描く日本茶体験にはならない。自分たちで店を作り、体験してもらおうと2016年9月ごろから物件を探し始め、翌1月にオープン。日本茶に興味を持ち出してから約1年です」(青柳社長)。

「東京茶寮」住所:東京都世田谷区上馬1‐34‐15、営業時間:平日13~20時、土日祝11~20時、定休日:月曜日(祝日の場合、翌日休み)
[画像のクリックで拡大表示]
日本茶をハンドドリップで入れる
[画像のクリックで拡大表示]
長崎県の波佐見焼や北海道産のタモ材など国産の素材を使ったドリッパーを開発
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
記事中に誤りがありました。初出時、「北海道網走産のタモ材」としていましたが、正しくは「北海道産のタモ材」です。また、初出時、「煎茶道になると」としていましたが、正しくは「茶道になると」です。お詫びして訂正いたします。該当箇所は修正済みです。 [2017/4/12 15:08]