東急不動産が銀座5丁目の数寄屋橋交差点前に開発した大型商業施設「東急プラザ銀座」が、2016年3月31日にオープンする。

 同店は東急ブラザの旗艦店の位置付けで、都内では2012年に開業した「東急ブラザ表参道原宿」に次ぐ店舗。地下2階~地上11階の全13フロアに、ファッション、雑貨、食品とレストランなど125店舗が出店する。延床面積約5万平米、店舗面積2万2000平米は、銀座エリア内最大級の規模だ。

 伝統と革新が共存する銀座らしく、日本の伝統工芸「江戸切子」をモチーフにした特徴的な外観が印象的だ。西銀座通りに面した約110メートルの路面には、海外の老舗ラグジュアリーブランドの大型旗艦店が並ぶ。大人のイメージのブランドをそろえることで、銀座ブランドの復活を目指すという。

 6階の巨大吹き抜け空間に「キリコラウンジ」、屋上に「キリコテラス」といったパブリックスペースを設置。「ほかにはない都心のど真ん中で銀座ならではのハレ感を感じてもらい、ゆっくり過ごしてほしい。従来型の百貨店や商業施設には集える場所がなかった。キリコラウンジは、ライブやアート展など文化情報発信イベントも行い、カルチャーにも触れられる新しい試み」と、東急不動産 都市事業本部銀座プロジェクト推進部事業企画グループの瀬志本藍係長は話す。

 原宿店では屋上に「おもはらの森」という緑豊かな空間を設け、都心のなかに憩いの場を作ったが、銀座店にも同様の考えを取り入れた。正面玄関から3階へと直結する長いエスカレーターなど、建築デザインでも共通する点が多い。

 訪日外国人観光客(インバウンド)で賑わう銀座エリアでは、2017年開業予定の銀座6丁目プロジェクトなど大型再開発プロジェクトが進行中。同店はその皮切りであり、顧客ターゲットや出店テナントなどが注目されていた。

銀座・数寄屋橋交差点前に開業する「東急プラザ銀座」。江戸切子をモチーフに、光の器をコンセプトとした外観が特徴的だ。江戸切子は、江戸の硝子技術と西洋のカット技術の融合で生まれたことから、店舗の象徴になっている。3階には交差点側からエスカレーターで直接アクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]
同店のコンセプトを象徴するパブリック空間「キリコラウンジ」。約27メートルの巨大吹き抜け空間にはラウンジカフェ「数寄屋橋茶房」を設け、文化・情報発信イベントも定期開催する。江戸切子モチーフのガラス越しに銀座の街並みを望める
[画像のクリックで拡大表示]
屋上のオープンテラス「キリコテラス」には緑を配した「グリーンサイド」と、広い水盤が特徴の「ウォーターサイド」のふたつのゾーンがある
[画像のクリックで拡大表示]
西銀座通りに面した約110メートルのブランドストリート。「エンポリオ アルマーニ」「ハケット ロンドン」「ストラスブルゴ」「ハンター」「グローブ・トロッター」はメゾネットタイプの大型店で出店
[画像のクリックで拡大表示]
世界的な建築家がデザインした豪華なファサードがひときわ目立つ「バリー銀座店」。世界最大の旗艦店で日本初のコーナーも
[画像のクリックで拡大表示]
地下エントランスは東京メトロ銀座駅のコンコースと直結。駅から徒歩1分で、雨の日も濡れずに行けるので便利
[画像のクリックで拡大表示]