2016年11月の第1期オープン以来、ご当地色を強く打ち出し、かつ地元での知名度が高い有名店を全国から集めたゾーンとして人気を集めている、東京駅の「にっぽん、グルメ街道」(関連記事「“白エビ90尾丼”が東京駅グルメの新名物に!」)。2017年3月25日に4店舗が加わり、合計8店舗でグランドオープンとなった。

 行列必至なのは、ミシュランガイド広島2013特別版にも掲載された、東京初出店となるお好み焼き専門店「広島 電光石火」。またJR鹿児島中央駅前の行列のできる店として有名な黒豚とんかつ専門店「鹿児島 黒かつ亭」も県外初出店。築地で人気の明太子料理・九州の郷土料理専門店「博多かねふく ふく竹」が新業態でオープンするほか、「東京みやげセンター」「諸国ご当地プラザ」などで物販を中心に行ってきたオオモリが干物と地酒の店「諸国 ひものと」を初出店する。

 同ゾーンの一番北側には、北海道の立食い寿司「函館立喰い寿司 函太郎」があり、仙台牛タン 炭火焼「杜」、シウマイBAR「横濱 崎陽軒」、天丼/海鮮丼「富山 白えび亭東京駅店」と続いていた。つまり第1期で北海道、宮城県、神奈川県、富山県までがオープン、第2期で広島県、福岡県、鹿児島県の人気店がオープンして、日本を縦断する“グルメ街道”が完成したわけだ(一番南側の「ひものと」は全国の干物を提供)。

 新たにオープンした4店舗はどんな店なのか。オープン直前の内覧会に足を運んだ。

「にっぽん、グルメ街道」は八重洲側の商業施設「東京駅一番街」内にある
[画像のクリックで拡大表示]
広島で人気のお好み焼き店「広島 電光石火」は東京初出店
[画像のクリックで拡大表示]
築地で人気の明太子料理・九州の郷土料理専門店「博多かねふく ふく竹」
[画像のクリックで拡大表示]
鹿児島の中心に2店を構える黒豚とんかつ専門店「鹿児島 黒かつ亭」は東京初出店
[画像のクリックで拡大表示]
「東京みやげセンター」「諸国ご当地プラザ」などで物販を中心に行ってきたオオモリ初の飲食店業態・干物と地酒の店「諸国 ひものと」
[画像のクリックで拡大表示]