2018年3月29日に開業した、「東京ミッドタウン日比谷」(関連記事「ミッドタウン日比谷 立ち飲み充実、有隣堂の新業態も」 「ミッドタウン日比谷が竣工 6階『目玉施設』に注目」「ミッドタウン日比谷 仕事帰りに便利な飲食店が集結」 )。目新しい飲食店やショップを多くそろえることでも注目されるが、なかでも異彩を放つのが、老舗書店・有隣堂が手がけた新業態「HIBIYA CENTRAL MARKET(ヒビヤ セントラル マーケット)」だ。セレクトショップ「1LDK」などを手がけてきたクリエーティブディレクター、南貴之氏がプロデュースする複合型店舗で、「商業施設の中に小さな街を作る」(同社)ことをイメージし、7店舗を集めたという。

「HIBIYA CENTRAL MARKET(以下、ヒビヤ セントラル マーケット)」(東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷3階)。営業時間は店舗スペースが11〜21時、飲食スペースが 11〜23時
[画像のクリックで拡大表示]

 書店が手がける複合型店舗にもかかわらず、書籍の扱いは少ない。点在する本棚に並べられている本は、分類に一貫性がなく、テーマもバラバラだ。本が少ない代わりに、店内ではメガネ、アパレルや雑貨を扱い、飲食店では酒も提供。さらに理容店まで併設している。これまで同社が手がけたことがない業種も多いが、業務委託は行わず全て自社で運営するという。なぜ老舗書店がこのような複合型店舗を手がけたのだろうか。