2016年3月18日、よみうりランド(東京都稲城市)に新エリア「グッジョバ!!」がオープン。自動車、食品、ファッション、文具の4つの業種の企業が協力し、親子三世代でモノづくりをテーマにしたアトラクションを楽しめるとの触れ込みだ。どんな体験ができるのか、早速試してきた。

[画像のクリックで拡大表示]

「モノづくり」がテーマの新エリア

 グッジョバ!! はGOOD JOB ATTRACTIONSからきた名前で、子どもたちが親しみやすい、生活に密着したモノづくりを体感しながら学べるというコンセプトのアミューズメント施設だ。家族や友人と協力・競争しながらモノづくりが学べるということで、子供向けの職業体験施設や工場見学のノリでほのぼのとしたアトラクションが楽しめるのだろうと予想しつつ、よみうりランドに向かった。

 グッジョバ!!には、自動車は日産、食品は日清食品、ファッションはワールドと島精機製作所、文具はコクヨといった具合に、それぞれの業種のメーカーが協力した“ファクトリー”が4棟独立して建っている。総工費は約100億円にも上るという。各ファクトリーでは実際のモノづくりに触れられるワークショップを開催する。エリア内をパトロールする自転車型ライドやオリジナルグッズのショップもある。

 実際にグッジョバ!!に入ると、エリア自体は思いのほかコンパクトだった。もともとは駐車場だったスペースを利用しているそうだ。アトラクションの多くは屋内なので、天気の悪い日でも問題なく楽しめるだろう。まずは自動車作りがテーマの「CAR factory」に向かった。

「グッジョバ!!」は、4つの“ファクトリー”をメインに構成されているが、屋外にもアトラクションがいくつもあるので、そちらでも楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]