2018年3月3日、東京タワーの特別展望台がリニューアルオープンした。東京タワーにある2つの展望台のうち、高さ250メートルの位置にある特別展望台を「トップデッキ」に名称変更。これまでは当日券を購入して入場する仕組みだったが、改装後は日時を指定して事前に予約する体験型の「トップデッキツアー」に変わった。景色を楽しむだけでなく、アテンダントとともに東京タワーや東京の歴史を学ぶというものだ。

東京タワー(東京都港区)。円筒状の部分が今回リニューアルしたトップデッキ。「トップデッキツアー」は高校生以上が2800円、小中学生が1800円、4歳以上の幼児が1200円。9時~22時15分までの時間を指定して東京タワーの公式サイトから予約する。事前予約制だが当日でも空きがあればチケットカウンターで購入できる。メインデッキの入場方法と料金は従来通り
[画像のクリックで拡大表示]

 以前は特別展望台へ向かうエレベーターに長い行列ができていたことも多かった。だが、事前予約制になったことで待ち時間なしで行けるようになったのは観光客にとって大きなメリットだろう。チケットは高校生以上が2800円。リニューアル前の料金1600円のおよそ2倍近い料金だ。一体どんな施設になっているのだろうか。