2018年2月9日、渋谷のパルコパート2跡地にファッションと音楽、飲食、宿泊を軸とした複合店舗「ホテルコエ トーキョー」がオープンした。運営するのは「アースミュージック&エコロジー」などを展開するアパレル企業・ストライプインターナショナル。同社のブランド「コエ」のグローバル旗艦店で、同社が本格的なレストランとホテルを運営するのは初めてとなる。

 ファッション関連企業が展開するホテルといえば、良品計画が中国で手がけた「MUJI HOTEL」があるが、ホテル運営までは手がけていない。「ホテルコエ」のように日本国内でアパレルが直営するホテルは、ほかに類を見ないのが現状だ。

 そこで、アパレルショップに併設されたホテルの狙いを確かめるべく、オープンしたばかりの「ホテルコエ」に宿泊してきた。

渋谷公園通りの交差点に面した角地にオープンした「ホテルコエ トーキョー」はブランド「コエ」のグローバル旗艦店でもある。総店舗面積454坪
[画像のクリックで拡大表示]
「コエ」は世界の人権問題や労働問題にも取り組み、フェアなものづくりをめざすブランド。「ホテルコエ」ではレディス、メンズ、雑貨を展開する
[画像のクリックで拡大表示]