2016年3月4日(金)に、東京・新宿歌舞伎町にスパイ体感アトラクション「in SPY re(インスパイヤ)」が誕生する。先日その記者発表会があり、一足先に体験してきた。

 インスパイヤは、ヒューマックス(東京新宿区)の娯楽施設などを展開するサンヒルズ(東京都新宿区)が手掛ける、ミッション遂行型タイムアタックアトラクション施設。新宿歌舞伎町にある、ゴジラでおなじみの東宝ビルの斜め向かい、おじさん世代にはディスコ「ニューヨークニューヨーク」や、ライブハウス「リキッドルーム」があったビルといえば分かりやすいかもしれないが、ヒューマックスの施設が多く入ったビルの6階に誕生する。営業時間は午前11時から翌朝5時まで。飲んだ後にも、カラオケの後にも、ふらっと遊びに行けるアトラクションだ。

ミッション遂行型タイムアタックアトラクション施設「in SPY re」の受付。ここで料金を払い、右手奥に進んでIDカードや端末を受けとる。同じフロアにロッカーも用意されているので、荷物を預けて身軽な状態で挑戦しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 インスパイヤは、このところ徐々に新しい娯楽の形として浸透しつつある、「リアル脱出ゲーム」などと同様の、謎解きを主体にしたアトラクションで、「単なる謎解きではなく、知力・体力・運を駆使して制限時間内に数多の謎や仕掛けをクリアするリアルゲーム」だと、サンヒルズ代表取締役林祥裕氏は話す。

 総合プロデュースは人見渉氏、謎の制作に謎制作団体Now Reventの曽根智宏氏を迎え作られたシナリオは、世界征服をもくろむ悪の組織「BLACK-MAX」のアジトに、国際諜報機関「inSPYre」のエージェントが挑むというものだ。参加者は、inSPYreのエージェントとなってアジトに潜入、組織の悪事を阻止するためのミッションに挑む、というストーリーが用意されている。

サンヒルズの林祥裕社長が、そのコンセプトと事業内容を説明
「in SPY re」の内容や、従来のゲームとの違いを解説する総合プロデューサーの人見渉氏