最初に入場料を払うことで酒が原価で飲めたり、飲み放題になったりする飲食店が、ここ何年かで増えている(関連記事「“きき酒型”居酒屋が増えている!今回は日本酒界を捜査」)。なかでも好調なのが、2015年4月に新橋にオープンした「日本酒原価酒蔵」だ。入店の際に入館料として880円を払えば、全国各地の日本酒が原価で飲めるという。

 同店を運営しているクリエイティブプレイス(港区)によると、飲み屋激戦エリア・新橋の路地裏で地下という不利なロケーションでありながら、リピート率は40%以上で、オープン後半年の累計来客数は8000人以上。11月には席数が1.5倍の上野御徒町店が2号店としてオープンした。2016年3月には3号店となる虎ノ門店もオープン予定だ。

 日本酒が安く飲める店は多くあるなか、なぜ同店が好調なのか。その答えを探るべく、まずは新橋本店を訪れてみた。

「日本酒原価酒蔵」の新橋本店(東京都港区新橋3-8-5さとぺんビル地下1階)はJR新橋駅の烏森口から徒歩2分。「俺のイタリアン」の左隣地下にある。日曜・祝日が休みで、営業時間は16時から23時半
[画像のクリックで拡大表示]
2015年11月にオープンした上野御徒町店(台東区上野3-20-7 ヨコハマビル2、3階)は、JR御徒町駅南口から徒歩1分。営業日・時間は新橋本店と同じ
[画像のクリックで拡大表示]
仕入れ価格をそのまま表示している日本酒メニュー「本日の仕入れ書」
[画像のクリックで拡大表示]
日本酒は全て一合瓶で提供。半分を冷やで飲み、残り半分を熱燗にすることもできる。筆者と友人が頼んだ酒は「新政(純米「猿の惑星 しぼりたて」(425円)、「山廃純米大吟醸 貴」(1350円)、「限定純米大吟醸 花の舞」(540円)、「純米大吟醸 悦 凱陣(興 無濾過 生)」(626円)、「純米吟醸 正雪 うすにごり 生」(324円)
[画像のクリックで拡大表示]
「クリームチーズの西京和え」(490円)など、日本酒に合うつまみも約50種類そろえている
[画像のクリックで拡大表示]
人気ナンバーワンのつまみという「鶏もも肉の山椒焼き」(690円)
[画像のクリックで拡大表示]