ソフトバンクはサブブランドの「ワイモバイル」で、中高生向けの割引サービス「タダ学割」を2017年12月1日より開始した。従来であれば入学シーズンである春先に展開していた学割サービスを、学生の進路も決まっていないこのタイミングで実施するのは異例のことだ。その理由は何だろうか。

「タダ学割」を12月1日から開始

 ワイモバイルは積極的な顧客獲得施策を展開して、競合となる「UQモバイル」やMVNO(仮想移動体通信事業者)を抑え、格安スマホ市場でトップシェアを維持している。その同社が11月30日、新商品や新サービスを発表した。現在、力を入れている「Android One」ブランドのスマートフォン4機種を新たに加えるなど、端末のラインアップを大幅に強化することが明らかにされた。だが、より注目されたのはサービス面の強化である。

 新たに始めたサービスはタダ学割と呼ばれる学生向けの割引サービスだ。同サービスは、5歳から18歳の新規契約者と他社からの乗り換えユーザーが対象で、契約の際に主力の「スマホプラン」に加入する必要がある。

ワイモバイルが12月1日に開始した「タダ学割」。18歳以下の新規契約者を対象に、基本料を一定期間0円にするなどの学生向け割引サービスだ。写真は11月30日のワイモバイル新商品・新サービス発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

 タダ学割の特典は2つ。1つはデータ通信容量が通常の2倍になる「データ容量2倍オプション」の月額利用料(500円)が、次の機種変更時まで無料になるというもの。そしてもう1つは、12月中に契約すると「スマホプラン」の基本料金が最大4カ月間(来年1月以降の契約は最大3カ月間)無料になるというものだ。

 春商戦に向けて各社が学割に力を入れるのは恒例とも言えるが、その提供開始が12月1日からというのにはどうも違和感がある。学割のターゲットとなるのは中学校や高校に進学する新入生だが、12月の段階では進学先が決まっていない子供も多いからだ。にもかかわらず、12月から学割を提供するメリットはどこにあるのだろうか。