アップルの新型iPhoneの話題が落ち着いてきた10月、同社のライバルであるグーグルやアマゾンなどのネット企業大手各社から、相次いで日本での新製品投入が発表された。

 各社が発表した「スマートスピーカー」と呼ばれる新製品は、いずれもiOSの「Siri」やAndroidの「Googleアシスタント」のような音声アシスタント機能を搭載したスピーカーだ。例えば「音楽をかけて」と話し掛ければ音楽を再生してくれるし、「今日の天気は?」などと尋ねれば、その日の天気を音声で教えてくれる。

 スマートスピーカーは米国を中心として世界的に人気が高まっているが、日本語対応の課題もあって日本には長らく投入されてこなかった。ところが10月に入り、突如各社からスマートスピーカーの日本市場投入に関する発表が相次いだ。

火付け役のアマゾンが日本参入を表明

 先陣を切ったのはアマゾンだ。同社は10月2日、自社開発の音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」を、年内に日本市場に投入すると発表した。発表資料によると、Amazon Echoは当初、招待制の販売となるなど制限されるもようだ。

 一方、Alexaを他社メーカーが採用する動きも活発化している。オンキヨーやHTC、アンカーなどがAlexaに対応したスマートスピーカーの開発を進めている。さらにNTTドコモや日本放送協会(NHK)、東日本旅客鉄道(JR東日本)などがAlexaに対応したサービスを開発していることが明らかになっている。こうした、提携企業のサービスも開始に向けて準備が着々と進められているようだ。

現在のスマートスピーカー人気の火付け役となったアマゾンの「Amazon Echo」が、日本でも年内に発売されることが明らかにされた。写真は今年9月にドイツで開催された家電見本市「IFA 2017」より
[画像のクリックで拡大表示]