最近、日本でも2枚のSIMを挿入して同時に利用できる「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」(DSDS)に対応したSIMフリースマートフォンが、相次いで発売されている。これにはどのようなメリットがあるのだろうか。

SIMフリースマートフォン新機種共通の特徴

 MVNOの拡大に伴い急増しているSIMフリースマートフォン。9月末にも相次いで各社が新製品を発表した。

 2016年9月27日にはレノボが、空間を正しく認識できるグーグルのAR技術「Tango」を搭載した「Phab 2 Pro」などスマートフォン/タブレットの新機種を発表。中でも注目はレノボ傘下のモトローラが提供するフラッグシップモデル「Moto Z」「Moto Z Play」である。

 最上位モデルのMoto Zは、SIMフリー端末としては高額(8万5800円)ながら、最薄部約5.2mmと非常に薄い。Moto Z Playはそれより厚みがあるものの、その分バッテリー容量が大きく、より安価(5万3800円)だ。両機種とも背面に取り付けることで機能を拡張できるモジュール「Moto Mods」に対応しており、これらを使えば、Moto Z/Z Playをプロジェクターや光学10倍ズーム搭載のカメラとして活用できる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
レノボ傘下のモトローラの新機種「Moto Z」。最薄部が5.2mmと非常に薄い上、背面に専用のモジュール「Moto Mods」を装着することで、カメラなどさまざまな機能を追加できる。写真は9月27日のレノボ・モトローラ新製品発表会より

 翌日の9月28日には、ASUSがスマートフォン新機種「ZenFone 3」「ZenFone 3 Deluxe」を発表。ZenFone 3は5.2インチディスプレーを搭載したスタンダードなモデルだが、ZenFone 3 Deluxeの5.7インチモデルは、最新のハイエンドモデル向けチップセット「Snapdragon 820」に6GBのメモリー、2300万画素のカメラを搭載するなど、“性能怪獣”と呼ぶほどハイスペックなのが特徴だ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ASUSの新機種「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Deluxe」。中でもZenFone 3 Deluxeの最上位モデルは、非常に高い性能を備えたハイスペックモデル。写真は9月28日のASUS JAPAN新製品発表会より

 これらMoto Z/Z PlayとZenFone 3/3 Deluxeには共通した特徴がある。それは日本で利用可能な3G・4Gの「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」(DSDS)に対応しているということだ。