SIMフリースマホ市場で首位の座を確固たるものにし、キャリアにも本格進出を果たすなど、圧倒的な強さを見せるファーウェイ。一方、他のスマートフォンメーカーは、どのような新機種で同社に対抗しようとしているのか。

幅広く新機種を投入するファーウェイ

 大手キャリア(通信事業者)の夏モデルの発表が相次ぐ中、SIMフリースマホの新機種も続々と登場している。そんな中で注目したいのが、現在同市場でトップの座に就いている中国メーカー、ファーウェイの動向だ。

 同社は今年、SIMフリースマホ市場での実績が評価されて大手キャリアへの端末供給の再開を果たした。夏商戦に向けた新製品として、NTTドコモが最新フラッグシップモデル「HUAWEI P20 Pro」を独占販売するほか、au、ソフトバンクもファーウェイ製の端末を投入する。

 さらにファーウェイは、SIMフリースマホ市場に向けても新製品をリリース。6月11日の新製品発表会では「HUAWEI P20」と「HUAWEI P20 lite」を披露した。P20は5.8型液晶と2つのメインカメラを搭載したモデルで、AI(人工知能)技術によって手ブレを抑える機能や、被写体に最適な設定を自動的に適用する仕組みなどを採用しており、基本性能は高い。また、既にauやUQ mobile、ワイモバイルなどのブランドで発売されているP20 liteは、昨年SIMフリースマホ市場で大ヒットした「HUAWEI P10 lite」の後継機だ。

ファーウェイは6月11日の新製品発表会で、SIMフリースマホ市場向けに「HUAWEI P20」と「HUAWEI P20 lite」を投入することを明らかにした。写真は同発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

 キャリア向けの端末とは別に、SIMフリースマホ市場に向けた独自のモデルを用意できるのは、豊富なラインアップを誇るファーウェイならではだ。しかし、P20 Proがドコモの独占販売となったことで、ハイエンドのSIMフリー端末を求める層から不満が出ているのも事実。より大きな市場へと進出したことで、SIMフリースマホ市場への対応がやや手薄になった感がある。

SIMフリースマホ市場向けの「P20」は、ライカと共同開発したデュアルカメラを搭載するなど性能の高さを誇るが、トリプルカメラを搭載する「P20 Pro」に比べるとインパクトがやや弱い。写真は6月11日の新製品発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイのキャリア市場進出は、SIMフリースマホ市場向けに端末を提供するメーカーにとっては好機だ。では他のメーカーは、どのような端末でSIMフリースマホ市場を攻略しようとしているのだろうか。