2017年に投入したモデルはいずれも好評を博し、AQUOS Rシリーズの合計販売台数、AQUOS senseシリーズの販売台数はともに100万台を記録している。写真は5月8日のシャープ新製品発表会より

記事へ戻る(ページを閉じる)

5月8日、シャープが新モデル2機種を発表した。シャープの独自性が存分に発揮されたAQUOS R2、AQUOS sense plusを見ると、同社が自社の端末と販売戦略に自信を持ち始めたことが分かる。

関連画像