“格安”の通信サービスで、大きな存在感を示すワイモバイルとUQ mobile。 両社は、積極的なプロモーションに加え、3月22日には「iPhone SE」の取り扱いを発表するなど足場固めを進めている。多くの独立系MVNOは、これら大手キャリアのサブブランドにどう立ち向かうべきか。それによって市場競争はどう変化すると考えられるのか。

ワイモバイルとUQ mobileがiPhone SEを販売

 低価格でスマートフォンが利用できるサービスの競争が、MVNO間で激しさを増している。そうした中で、ひときわ大きな存在感を示しているのがワイモバイルとUQ mobileだ。

 ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして、低価格でサービスを提供しているこの分野の先駆け的な 存在だ。そして、UQ mobileは、KDDI(au)傘下のUQコミュニケーションズが提供しているサービスであり、auのネットワークを用いたMVNOという立ち位置ではあるものの、実質的にはサブブランドに近い存在となっている。

 これら2つのサービスの強みは、大手キャリアの後ろ盾があることだ。両サービスとも、テレビCMなどによる積極的なプロモーションを展開しているほか、実店舗による営業にも注力している。元々全国に多くの店舗を持つワイモバイルに続き、最近はUQ mobileもショップ展開を急拡大している。

 端末調達力も大きな強みだ。特に、型落ちモデルながらもアップルの「iPhone」を正規に販売していることは大きい。2016年には、両サービス共に「iPhone 5s」を取り扱ったことで注目されたが、2017年3月22日には、新たに「iPhone SE」を取り扱うことを発表した。ちなみにワイモバイルが扱うのは32GBと128GBモデル、UQ mobileが扱うのは32GBモデルのみとなるようだ。

 iPhone 5sは両サービスが取り扱いを開始した時点で、すでに2世代前のモデルとなっていたことから“型落ち”という印象は否めなかった。だが、iPhone SEは発売から1年が経過したとはいえ、今も大手キャリア自身が取り扱っている現行モデルだ。「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」のように、最新機能こそ備えてはいないものの、iPhone 5sと比べ性能は大幅に向上している。それだけに、iPhone SEを両サービスが早々に取り扱い始めたことは驚きだ。

 iPhoneは日本で最も人気の高いスマートフォンだが、多くのMVNOが正規に取り扱いたくても、できずにいる。理由は、事業規模的にアップルと交渉するのが難しいからだ。それだけに、iPhone SEを取り扱い始めたワイモバイルとUQ mobileの優位性は今後一層高まるといえるだろう。

ワイモバイルとUQ mobileは、2017年3月22日にアップルの「iPhone SE」を販売することを発表。発売から1年が経過したとはいえ、現行モデルをサブブランドが扱うのは異例だ
[画像のクリックで拡大表示]