SIMフリースマートフォン市場の出荷台数で国内トップシェアを獲得し、今年は大手キャリア(通信事業者)向けの端末も提供するなど、日本市場で好調を続けるファーウェイ。キャリア進出を再開した後は、どのようにして販売を拡大しようと考えているのだろうか。ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントとして日本でのデバイス事業を取り仕切る呉波氏に話を聞いた。

au版「nova 2」がSIMフリーの「P10 lite」を上回る

 「HUAWEI P10 lite」などミドルクラスのモデルを中心として、日本での端末販売を拡大しているファーウェイ。昨年はP10 liteが、SIMフリースマートフォンとして唯一、GfK Japan(東京・中野)の「キャリア総合携帯電話販売数ランキング」にランクインした。

 そのファーウェイの日本事業を取り仕切っている呉氏が、スペインのバルセロナで2月26日から3月1日まで開催された「Mobile World Congress(MWC)2018」で同社の国内事業に関するグループ取材に応じた。

携帯電話の世界最大の見本市イベント「Mobile World Congress 2018」にてグループインタビューに応えるファーウェイの呉波氏
[画像のクリックで拡大表示]

 最近のファーウェイの動向として注目すべきは、KDDI(au)に「HUAWEI nova2」を提供したことだろう。ファーウェイはかつて、NTTドコモとソフトバンクに端末を提供したものの信頼を得るに至らず、2013年以降は扱いがなくなっていた。nova 2によって、キャリアへのスマートフォンの提供が再開されたわけである。

 呉氏は「nova2に関してはP10 liteより好調だ」と言う。SIMフリー市場より規模がはるかに大きいキャリアで販売されたことで、大きく販売数を伸ばしたとみていいだろう。

 P10 liteに関しても「通常は発売後6カ月で販売数が落ちてくるのだが、P10 liteは8カ月がたっても勢いを増しており、今年に入ってからも2桁の伸びを示している」と語る。またMVNO(仮想移動体通信事業者)の専売モデル「HUAWEI nova lite 2」についても「最初からヒットを飛ばしている。徐々にではなく一気に、急速に数を伸ばしている」と話し、SIMフリー市場でも引き続き好調なことを明らかにした。

auから発売された「HUAWEI nova2」の初期販売状況は、SIMフリー市場で大ヒットしている「HUAWEI P10 lite」を上回るという。写真は1月9日の「au 2018 春モデル」に関する説明会より
[画像のクリックで拡大表示]