NTTドコモは1月17日、スマートフォンを活用した新しい決済サービス「d払い」を4月より提供開始すると発表した。非クレジットカード利用者の決済需要を取り込むとともにキャッシュレス化を推進する狙いがあるようだが、どこまで普及するのだろうか。

スマートフォンとバーコードを利用する電子決済

 通信事業の伸び悩みから、コンテンツ配信や金融・決済サービスといったスマートライフ事業に力を入れ始めたNTTドコモ。中でもクレジットカードの「dカード」に代表される金融・決済サービスは、ドコモの収益を支える柱の1つとなっている。

 1月17日、同社はその金融・決済サービスの新サービスとして「d払い」を発表した。ドコモショップの店頭では、以前から先述の「dカード」のほか、FeliCa(非接触方式ICカード)の「iD」による決済を提供しているが、d払いはそれらとは異なる新しい決済手段となっている。

 d払いは、スマートフォンとバーコードを用いた決済手段だ。利用する際は専用のアプリでバーコードを表示し、それを店頭で読み取ることで決済する仕組みとなっている。表示されるコードはバーコードと2次元コードの2種類があり、読み取る端末によっていずれか一方が用いられるとのこと。

「d払い」では、専用アプリを使ってスマートフォンに表示したバーコードを店頭で読み取ることで決済する。写真は1月17日のNTTドコモ”新決済サービス”記者説明会より
[画像のクリックで拡大表示]

 d払いの特徴は、店頭で読み取った金額が毎月の携帯電話料金と合算される、つまりキャリア決済が使えることだ。利用できるのはドコモユーザーに限られるが、クレジットカードを持たない人にとってはありがたいサービスといえるだろう。なお、クレジットカードを登録すれば、ドコモユーザー以外でもd払いを利用できる。

 またドコモは、オンラインサービス用のキャリア決済として提供してきた「dケータイ払いプラス」もd払いに組み込み、オンラインでもオフラインでも利用できる決済サービスとしてアピールしていくようだ。

 新サービスのd払いは、ポイントサービスの「dポイント」にも対応している。dポイント加盟店でアプリ上にdポイントのバーコードを表示するとポイントが付与されるほか、d払い対応店舗での支払いにはdポイントが利用できる。ポイントの付与と決済が別の操作になるのはやや不便ながら、dポイントの活用の幅が広がるのは消費者にとってはメリットだろう。