春商戦に向け、au、ソフトバンク、NTTドコモの大手キャリア3社は新戦略を発表した。中でも注目されるのが恒例の学割施策だ。2017年1月11日に発表したauは18歳以下のユーザーに対して使い勝手のよい料金プラン「学割天国U18」を用意。18歳以下と19歳以上とで割引額を大きく変えている。ソフトバンクもこの流れに追随。NTTドコモとの違いが明らかになった。なぜ、auとソフトバンクは今年、学割で18歳以下を重視したのか。

昨年末から動き出している学割競争

 まだ始まったばかりの2017年だが、間もなく携帯電話業界最大の商戦期となる春商戦を迎える。そこで注目されるのが、この時期の主要ターゲットとなる学生を狙った“学割”施策だ。

 昨年はスマートフォンをヘビーに利用する学生が多いことから、各キャリアは、料金ではなくデータ通信を大幅に増量する学割施策を打ち出した。今年は一体どのような施策となったのか。

 実は今年は例年よりも早く、昨年末から実施がスタートしていた。ソフトバンクは他社に先駆け、12月21日から、25歳までの「ギガモンスター」契約者に対し、毎月の通信量を1年間、月々1000円引きする「学割モンスター」の提供を開始した。これは比較的スタンダードな割引内容だ。

 このソフトバンクの施策を受け注目されたのが、毎年春商戦に力を注いできたKDDI(au)の動向だ。今年も1月11日に新商品・新サービスの発表会を開催し、小中学生に向けたスマートフォン「miraie f(フォルテ)」や、タフネスタイプのフィーチャーフォン「TORQUE X01」、自宅に設置してスマートフォンの写真や動画を保存し、外から閲覧できる「Qua station」など特徴的な新機種を発表した。

 だが、それ以上にインパクトがあったのは、やはり新しい学割施策だった。auは、学割を18歳以下向けの「学割天国U18」と、19歳から25歳までの「学割天国U25」の2つに分け、18歳以下だけを特に優遇した割引を打ち出してきたのである。従来の学割施策は、25歳以下であれば一律の割引が受けられただけに、大きな驚きがあった。

 ソフトバンクもauの動きに追随し、1月16日には新たに18歳以下を優遇した学割施策「学割モンスターU18」を打ち出し、当初提供していた学割モンスターは「学割モンスターU25」と名前を変えて19~25歳向けの施策とした。NTTドコモも「ドコモの学割」を発表したが、この流れには追随せず、新規で主力プランの「カケホーダイ&パケあえる」に契約した場合は1年間、月額1000円を割り引き、既存ユーザーに対しては利用期間や用途が限定されたdポイントを1年間、毎月1000ポイント分プレゼントするという比較的スタンダードな内容となっている。

auは1月11日に春商戦に向けた新商品・新サービスの発表会を開催。学生とその親がターゲットの商戦期だけあって、子供向けスマートフォン「miraie f(フォルテ)」なども発表された。写真は同発表会より
[画像のクリックで拡大表示]
ソフトバンクも1月16日に月額2980円からの学割プラン「学割モンスターU18」を発表。月々の料金や内容、加入時の条件はauに近い(写真:磯修)
[画像のクリックで拡大表示]