最近、各地のイベントで行われるようになった“プロジェクションマッピング”。その注目度は高く、開催されるたびに話題となっている。プロジェクションマッピングについては、2012年に東京駅で開催された「TOKYO HIKARI VISION」ではじめてその存在を知った人も多いだろう。東京駅・丸の内駅舎をスクリーンに見立てた豪華な映像ショーは、数多くのお客が集まり、当時、大きなニュースとなった。  その、TOKYO HIKARI VISIONを手がけ、プロジェクションマッピングの第一人者として数多くの作品をプロデュースしているのがNAKED(ネイキッド)の村松亮太郎氏だ。「TRENDY EXPO」での講演を前に、ヒット作を生み続ける秘密に迫った。

[画像のクリックで拡大表示]
NAKED(ネイキッド)代表、村松亮太郎氏
NAKED代表。クリエイター。
TV/広告/MVなどジャンルを問わず活動。長編映画4作品を劇場公開、短編作品と合わせて国際映画祭で48ノミネート&受賞。主な作品に、東京駅の3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、東京国立博物館 特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」プロジェクションマッピング『KARAKURI』。山下達郎30周年企画『クリスマス・イブ』MV&ショートフィルム&マッピングショー、星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳『Gift -floating flow-』総合演出、『TOKYOガンダムプロジェクト2014ガンダムプロジェクションマッピング "Industrial Revolution"-to the future-』映像演出、auスマートパス presents 進撃の巨人プロジェクションマッピング「ATTACK ON THE REAL」演出、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」タイトルバックなど。映像のみならず空間全体の演出を手がける

――それまでも海外を中心にプロジェクションマッピング自体はあったと思うのですが、村松さんの作品が注目された理由は何だと思いますか

村松亮太郎氏(以下、村松): もともとプロジェクションマッピングというのは、メディアアートの方とかプログラマーの方が多くやられていて、グラフィックの延長にあったような気がします。どちらかというとトリック的な映像表現のほうを重視したものです。それに対して、私は映画を作っていましたから、プロジェクションマッピングにコンテクストとかストーリーを持ち込んだ。そこが大きな違いだと思います。人を呼び出して真っ暗なところに閉じ込めて2時間見せる、苦行を強いる仕事を私たちはしていたので(笑)。
例えば寒い中、外に立って10分間映像を見せるというのは大変なことだと思います。いくら技術的にすごくても、意味のない映像は10分間も持たない。プロジェクションマッピングがショー的なものになったのが東京駅の作品なのだと思います。有名になりすぎて今ではプロジェクションマッピングの代名詞のようになっていますが、実はそうではなくてあの時点では亜流だったのです。

――新たな世界観を生み出す一方で、最近は既に存在が確立された作品のプロジェクションマッピングにも挑戦されています

村松: まず私は固定概念を壊すことが好きなのだと思います。例えば、建物に当てるからプロジェクションマッピングだとは限らない。あくまでも映像がフレームを出たらどうなるか、ということに興味があったので。立像もやりたかったですし。あとはどんな壁でもただ映せばいいのではないと思っていて、場所だったり、ものだったり、その対象がどんな意味合いを持つかきちんと含んであげないといけない。そういう意味で、「ガンダム」にチャレンジしたのも正常進化だと私は思っています。

[画像のクリックで拡大表示]
TOKYO ガンダムプロジェクト 2014 ガンダムプロジェクションマッピング
“Industrial Revolution” -to the future-
開催期間:2014年3月20日~23日
c創通・サンライズ

村松: ガンダムというのはしっかりとした世界観があって、こういったイベントでもそれに沿って主題を表現しなければいけないと思います。でも、なぜか「洛中洛外図屏風」のときと同じように、不思議なくらい新しい試みを受け入れてもらえて、ガンダムの上に花を咲かせるといった大胆な表現にもチャレンジしました。

――なぜそういった試みが、受け入れられたのでしょう。

村松: やはりプロジェクションマッピングによる表現自体がまだはっきりと捉えられていなくて、何なのか知りたかったのではないでしょうか。誰もがガンダムがプロジェクションマッピングでどうなるのか見たい、というシンプルな欲求があったのでしょう。そこは僕自身も楽しんでいるところであって、例えば映画は産業として完成されすぎていて、漫画が原作で、人気タレントで、というようにパターンができてしまっている。でも昔は撮りたい映像があるから、そのためにレンズから作ってしまうような、常にそういうパターンを壊して作っていたはずです。映画は大好きですが、いつの間にかすごく保守的なものになってしまった。
 その点、プロジェクションマッピングというのは定義がないので。既にプロジェクションマッピングとはこうだ、みたいに言う方もいますが、私は別にそうとは限らないと思っています。私自身は定義できないし、そんなのどうでもよくて、ルールがない状態、それがクリエイティブのフロンティアで、面白いと思っています。

日常の中で起きる奇跡、だから面白い

村松: 実際にプロジェクションマッピングをやるとお客さんが湧いてくれます。ワーって歓声が上がって、終わったらたくさんの拍手をもらえます。昔の映画館はこうだったのだろうと。それが私にとってはやりがいです。
 好きなのは、日常の中で起きる奇跡ということですね。プロジェクションマッピングを街の中でやると、とてもたくさんの人が集まってみんなで盛り上がって、映像が終わったらスーッと普段の日常に戻っていく。夏の世の夢のような、蜃気楼のような、自分としてはグッときますね。非日常の空間でやるのではなく、日常の世界が一時的に非日常になるから面白い、というのもプロジェクションマッピングの魅力の1つと感じています。

――本当はこうしたいけれど、技術的にできなくて悔しい思いをしたということはありますか

村松: それは毎回のようにありますね。私は技術を軽視しているわけでは決してありません。もともと映画好きから始まって役者をして、そのころにアップルの「Macintosh」やソニーのビデオカメラ「DCR-VX1000」との出会いがあって。当時はお金がありませんから、私が映画を作れることになったのも、そういった技術がなければできませんでした。だから、すごく恩恵を受けていると思いますし、自分が目指す作品を実現するために必要なものだと思っています。
 ただ、当然ながら技術が新しいからすごい、面白い、ということにはならなくて、具現化するためのツールでしかない。そういう意味では、例えば“汚し”のようなアナログの技も同じように大切。技術はあくまで大事な一つのツールであるという考え方です。

(構成/舟橋亮人=スプール、持田智也 写真/皆木優子)

TRENDY EXPOの詳細、事前登録はこちら