このところ、「大麦」への注目が高まっている。白米と大麦を混ぜて炊く「麦ごはん」も静かなブームを呼んでいるようだ。人気の理由は大麦に大量に含まれる食物繊維。大麦には、なんと白米の19倍もの食物繊維が含まれる。穀物の中でも、水に溶けて腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維が多いのが特徴で、これが現代人にありがたい機能性をいくつも持っているという。いったい、大麦の食物繊維にはどんなパワーがあるのか? 大麦研究の第一人者として「TRENDY EXPO」に登壇いただく大妻女子大学家政学部の青江誠一郎教授に話を聞いた。

青江誠一郎(あおえ・せいいちろう)氏
大妻女子大学家政学部食物学科教授。1989年、千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了。雪印乳業技術研究所を経て、2003年に大妻女子大学家政学部助教授に就任。07年から現職。日本食物繊維学会常務理事。10年、大麦の食物繊維とメタボリックシンドローム予防に関する研究で同学会賞を受賞
[画像のクリックで拡大表示]

 最近の健康に関する2大キーワードといえるのが「血糖値」と「腸内細菌」だ。

 血糖値は砂糖や精製された穀物をたくさんとることで急上昇する。そのような食事を続けると、肥満やすでに患者数が950万人におよんでいる糖尿病になるリスクが高まる。これを防ぐ食事法として、糖質自体の摂取量を減らす「糖質制限食」や、食物繊維を多く含む野菜を食事の最初にとることで糖質の吸収をゆっくりにする「ベジタブル・ファースト」がブームになっていることをご存じの人も多いだろう。

 私たちの体を構成する細胞は約37兆個だが、腸の中にいる腸内細菌はなんと100兆個以上。この腸内細菌が、やはり肥満や生活習慣病に大きくかかわっていることが明らかになり、このところ注目が高まっている。私たちの体にいい影響を及ぼす腸内細菌を元気にするには、そのエサとなる食物繊維の摂取が重要になってくる。

 このように「血糖値」と「腸内細菌」という旬な健康キーワードに共通してかかわっているのが食物繊維。中でも、野菜や玄米よりも食物繊維が多いことで知られる食材として「大麦」に関心が集まっているのだ。白米に大麦を混ぜて炊く「麦ごはん」の人気も高まっているという。

 実際、大麦そのものの売れ行きが好調なだけにとどまらず、タイガー魔法瓶が麦ご飯をおいしく炊ける機能がついた炊飯器を発売するなど、関連市場も盛り上がりを見せている。

 一方で、日本人の食物繊維の摂取量はずっと減少傾向にあった。「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、1日にとるべき食物繊維は成人男性が20グラム、成人女性が18グラムだが、「平成25年国民健康・栄養調査」によると平均14.2グラムしかとれていない。まずは青江教授にこのあたりからお話をうかがった。

食物繊維不足の原因は、穀物繊維の摂取減
日本人の成人が1日に摂取する食物繊維量は、1955年には20gを超えていたが、今では14g程度に減少。特に穀物からの摂取が減っている。(データ:日本食物繊維研究会誌;1, 3-12,1997改変、国民栄養調査、国民健康・栄養調査、日経ウーマン・オンラインより転載)
[画像のクリックで拡大表示]