「PlayStation VR」用のコンテンツとして提供され、意外性とリアルさから大きな注目を集めた、バンダイナムコエンターテインメントの「サマーレッスン」。未来性を感じさせるVR(仮想現実)コンテンツが多い中、あえて女の子とコミュニケーションするという内容を企画した理由はどこにあるのか。そしてサマーレッスンは、VRにどのような可能性を見せているのだろうか。

なぜ、身近なシチュエーションをVRで実現したのか

 当初は開発者やギーク層が注目するにとどまっていたVRを、より広い層にまで関心を高めさせたコンテンツの一つとして挙げられるのが、バンダイナムコエンターテインメントがPlayStation VR向けに提供した「サマーレッスン」である。これは、部屋や縁側などの身近な空間の中で、女の子と2人きりでコミュニケーションするというゲーム。プレーヤーの行動や距離感によって女の子の反応が変わったりするなど、リアルな反応や仕草が楽しめるのが大きな特徴となっている。

 サマーレッスンは2014年の公開直後から大きな話題となった。あまりの反響の大きさから「東京ゲームショウ 2014」での展示が急きょ中止になってしまったほど(翌年の「東京ゲームショウ2015」には出展)。その話題性から、PlayStation VR、ひいてはVR自体の関心を高める大きなきっかけとなったことは間違いない。

 だがVR用のコンテンツといえば、宇宙空間や深海など、ある意味“VRらしさ”を体感しやすい非現実的な空間を再現したものが多い。にもかかわらず、サマーレッスンではあえて、女の子とのコミュニケーションという身近なシチュエーションを選んだのはなぜなのだろうか。またそうした身近な空間をVRにすることが、VRにどのような可能性を与えようとしているのだろうか。サマーレッスンのディレクターを務めている、バンダイナムコエンターテインメントのCS事業部 プロダクションディビジョン 第1プロダクションの玉置絢氏に話を聞いた。

[画像のクリックで拡大表示]
バンダイナムコエンターテインメント CS事業部 第1プロダクション プロデューサー/ゲームディレクター玉置 絢氏
開発職(プランナー)として入社し、主に「ソウルキャリバー」「エースコンバット」チームに在籍。「エースコンバット インフィニティ」のリードゲームデザイナーを担当後、VRデモ「サマーレッスン」の企画立案・脚本・ディレクションを担当。VR技術とゲームデザインの融合を模索しつつ、VRならではの気分が味わえるシチュエーションやキャラクター設計を日々追求している

■変更履歴
公開当初、社名が間違っている部分がありました。お詫びして訂正いたします。該当箇所は修正済みです。 [2015/11/9 18:45]