今回は、秋葉原の老舗PCパーツショップであるTSUKUMO eX.にて、パソコン向けキーボードの売れ筋を取材した。売り場には1000円弱から2万円台まで多彩なモデルが並んでいるが、同店スタッフの真鍋秀樹氏は「高級機になると、購入するブランドをある程度決めて来店される方が多く、数モデル試し打ちして選ばれるパターンが多いですね。もちろんゼロから買い物される方もたくさんいらっしゃいますが、ブランドごとに個性がはっきりしているので、初めてでも選びやすいんじゃないかと思います」という。

 同店の売れ筋モデルは以下のとおりだ。

●キーボードの売れ筋ランキング
1位 REALFORCE 108UH-S 東プレ 1万9029円
静電容量無接点方式を採用した日本語フルキーボード。テンキーを含む全キーが静音仕様で押下圧は45gとなっている。接続はUSBで、サイズはW456×D169×H39mmだ。
2位 Blackwidow X Chroma JP Razer 1万7000円
1680万色に光る日本語配列キーボードで、フラットベースを採用している。キースイッチは独自開発のメカニカルで、押下圧は50g。接続はUSB接続となる。サイズは非公開。
3位 Majestouch 2 FKBN108MRL/JB2 ダイヤテック 1万3704円
Cherry MXシリーズの「赤軸」を採用した日本語メカニカルキーボード。接続はUSBとPS/2に両対応する。押下圧は45gで、サイズはW440×D138×H28.5mmとなる。
4位 Logicool Wireless Keyboard K275 ロジクール 1723円
メンブレン式スイッチを採用した日本語配列のワイヤレスキーボード。単4形乾電池2本で24カ月持つ仕様で、押下圧は60gとなる。本体サイズはW450×D155×H18mm。レシーバーが付属。
5位 COUGAR 200K COUGAR 3980円
パンタグラフ式スイッチを採用した日本語配列のUSBキーボード。7色に光るバックライトを搭載しており、ゲーム用にショートカットも設定できる。サイズはW450×D165×H23mm。

 パソコンに詳しい人が多く集まる秋葉原という土地柄もあって、高級モデルが上位に並ぶ構図になっていた。ヘビーユースで定番の「REALFORCE」と「Majestouch」の間に「BlackWidow X Chroma JP」が割って入っており、ゲーミングモデルの勢いも感じられる。それぞれのジャンルでライバルを抱えるなかで人気を得ている理由は何か。次のページからみていきたい。

※参考…過去のキーボードの売れ筋リポート

2015年8月 パソコンショップ・アーク

2013年6月 TSUKUMO eX.

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
秋葉原のメインストリート・中央通りに建つTSUKUMO eX.。地下1階から6階までフロアがあり、キーボードコーナーは2階にある
※掲載している価格は、2016年12月21日14:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。