前回の「イヤホンは2000円台のワイヤレスモデルが人気急上昇――e☆イヤホンに聞く」に引き続き、今回はe☆イヤホン秋葉原店にヘッドホンの売れ筋を取材した。ヘッドホンは季節によって売れ行きが変化し、冬場のほうが好調に売れる傾向がある。特に、これからの季節はクリスマスや年末年始の帰省に絡んだプレゼント需要も高まってくる。同店の広報・松田信行氏は「自分用とプレゼント用の人気が混在するなかで、どちら用でも支持されるモデルが上位に並びやすくなっていますね」という。

 売れ筋ランキングは以下のとおりだ。

■ヘッドホンの売れ筋ランキング
1位 BuddyPhones Explore onanoff 2690円(税込み)
音量の上限を85dBに定めた子ども向けのヘッドホンで、スプリッターに最大4台まで連結して複数人でサウンドを共有できる。ケーブル長は0.8m。カラーバリエーションは6種類を用意する。
2位 Y50 AKG 8631円(税込み)
40mm径ドライバーを搭載した密閉型ヘッドホン。DJスタイルで使える仕様で、ケーブル長は1.2m、本体重量は211gとなる。カラーは青、赤、黄、黒系の4種類をラインアップする。
3位 Beats EP beats by dr.dre 9520円(税込み)
デザインやチューニングをイチから設計した1万円クラスのダイナミック密閉型イヤホン。ワイヤードタイプで、カラーバリエーションは青、赤、白、黒系の4種類をそろえる。
4位 ATH-PRO500MK2 オーディオテクニカ 1万1540円(税込み)
53mm系のドライバーを採用したDJスタイルのヘッドホン。ケーブルは着脱式で標準1.2mとなる。本体重量は約290g。カラーバリエーションは黒赤の2種類を用意する。
5位 ATH-M50x オーディオテクニカ 1万8770円(税込み)
楕円のイヤーカップを採用した45mm径ドライバー搭載モデル。1.2mや3mの着脱式ケーブルを3本同こんする。本体重量は約285g。カラーバリエーションは黒、白、グレーの3種類を用意。
6位 Crusher Skullcandy 1万2600円(税込み)
55Hz以下の超低域に反応してドライバーが振動するユニークな機能を備えた40mm径ドライバー搭載モデル。カラーやデザインを変えたバリエーションモデルが10種類以上ある。

 従来からの定番モデルが並ぶなかで、プレゼント需要の高まりから子ども向けヘッドホン「BuddyPhones Explore」が一番人気に躍り出る結果となっていた。2位以下にはファッション性と音質の個性が好評なモデルが続いており、多面的な魅力を備えるモデルが支持を集めている様子がうかがえる。各モデルの人気の理由は次のページから追っていこう。

※参考…同店の売れ筋イヤホン
1位 Co-Donguri雫 茶楽音人 4460円(税込み)
2位 TT-BH07 タオトロニクス 4460円(税込み)
3位 UE900s Ultimate Ears 3万4800円(税込み)
4位 iBFree 1MORE 6980円(税込み)
5位 SE215m+ Special Edition SHURE 1万2440円(税込み)
カンダエイトビル4階にあるe☆イヤホン秋葉原店。店舗奥の窓側にヘッドホンの実機が並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は2016年11月24日14:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。