今回は、e☆イヤホン秋葉原店にイヤホンの売れ筋を取材した。同店スタッフの波多江紀樹氏によると、最近の新製品を俯瞰すると5000円前後のモデルが目立っているという。「入門クラスの価格帯でありながら、リケーブルモデルやBA(バランスドアーマチュア)型ドライバーを搭載したモデル、ハイレゾ対応モデルなどが複数出てきています。クオリティーが高くて、少し前の1万円超の製品に匹敵する水準だと感じるものも少なくありません」とのこと。

 売れ筋ランキングも、その傾向を顕著に示している。

●イヤホンの売れ筋ランキング
1位 HSE-A1000 ALPEX 1060円(税込み)
アルミハウジングボディーを採用したエントリーモデルで、13色のバリエーションをラインアップしている。ドライバー径はφ10mm。同店のスタッフがチューニングに参加している。
2位 碧(SORA) アンティーム 4830円(税込み)
独自開発のセラミック製「VSツイーター」とφ10mmダイナミックウーハーを組み合わせることで、刺さるような音を抑えた。真ちゅう製ハウジングを採用し、ハイレゾ対応となる。カラーは1種類。
3位 Bd005E KINERA 3890円(税込み)
BAドライバーとダイナミックドライバーを搭載するハイブリッド仕様で、MMCXコネクター対応のリケーブルモデルとなる。同店が監修したオリジナルモデルで、カラーは1種類。
4位 Co-Donguri雫 茶楽音人 4490円(税込み)
シリコンイヤーチップ「SpinFit」を標準搭載するハイレゾ対応モデル。φ10mmのダイナミックドライバーを内蔵し、カラーは標準3色と同店オリジナル2色をラインアップしている。
5位 E2000S final 3940円(税込み)
イヤーフックと5サイズのイヤーピースが付属する、φ6.4mmのダイナミックドライバー採用モデル。削り出しのアルミボディーを採用しており、カラーバリエーションは1種類となる。

 1位こそ、およそ1000円の格安モデル「HSE-A1000」だったが、2位以下には5000円級の中堅モデルがずらりと並んでいた。いずれも音質に強みを持つモデルで、安さだけではない魅力を備えているのが分かる。それは、最エントリークラスのHSE-A1000にしても同じだ。それぞれのモデルが売れている理由は次のページから追っていきたい。

カンダエイトビル4階にあるe☆イヤホン秋葉原店。入り口手間のイヤホンコーナーには5000円前後のモデルが多数並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は2017年11月16日14:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。