今回は、ビックカメラ有楽町店で無線LANルーター(Wi-Fiルーター)の売れ筋を取材した。無線LANルーターは、家庭内でスマホやパソコン、テレビ、家電製品などをネットにつなぐうえで欠かせないアイテムとなっている。同店のPC周辺機器コーナーを担当する阿部隆豊氏も「ネットを開通させる際にプロバイダーから言われて買いに来たという方が多いです。仕様を詳しく把握している人は少数派で、準生活必需品という感じで老若男女問わず求めている印象です」と話していた。

 そうしたなか、直近で人気を集めているのは以下のモデルとなる。全国のビックカメラでの集計値だ。

●無線LANルーターの売れ筋ランキング
1位 WHR-1166DHP4 バッファロー 5880円(ポイント10%)
5GHz帯で理論値866Mbps、2.4GHz帯で同300Mbpsの通信が可能なIEEE802.11a/b/g/n/acルーター。有線部は1Gbps入力×1/100Mbps出力×4となる。サイズはW55×D130×H159mm。
2位 WN-G300R3 アイ・オー・データ機器 2880円(ポイント10%)
2.4GHz帯を使うIEEE802.11b/g/nに対応する理論値300Mbps通信の無線LANルーター。有線部は100Mbps入力×1/100Mbps出力×4となる。サイズはW98×D64×H130mm。
3位 Aterm WG2600HP2 NECプラットフォームズ 1万5800円(ポイント10%)
5GHz帯と2.4GHz帯に各4本のアンテナを内蔵し、理論値で1733Mbps+800Mbpsの通信が可能なモデル。有線部は1Gbps入力×1/1Gbps出力×4となる。サイズはW38×D130×H181mm。
4位 WSR-1166DHP3 バッファロー 7380円(ポイント10%)
5GHz帯で理論値866Mbps、2.4GHz帯で同300Mbpsの通信が可能なモデルで、有線部は1Gbps入力×1/1Gbps出力×4となる。サイズはW36.5×D160×H160mm。アンテナは1位と同じく各周波数帯で2本を搭載。
5位 WSR-2533DHP バッファロー 1万2790円(ポイント10%)
各周波数帯で4本のアンテナを内蔵し、5GHz帯で理論値1733Mbps、2.4GHz帯で同800Mbps通信を実現。有線部は1Gbps入力×1/1Gbps出力×4となる。サイズはW36.5×D160×H160mm。

 3000円以下の低価格モデルから1万5000円を超えるハイエンドモデルまで並ぶランキングとなっていた。阿部氏は「知り合いなどに『5000円程度で買える』と言われて店頭に来られる方が多いのですが、高性能化が進む現行のスマホや家電の環境で快適に使えるモデルは1万円前後となります。さらに、先々を見据えたり安定性を考えると上のクラスが視野に入るので、客の利用状況や接客時の説明によって売れるモデルに幅が出ていますね」と分析していた。各モデルの人気の理由は次のページから追っていこう。

※過去の無線LANルーターの売れ筋調査

2012年10月 ヨドバシカメラ マルチメディア横浜

ビックカメラ有楽町店 5階の無線LANルーター売り場。低価格帯からハイエンドまで1コーナーに集約している
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格とポイントは、2017年10月31日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。