前回の「高級炊飯器、パナソニックの『Wおどり炊き』が人気――ジョーシンに聞く」に引き続き、ジョーシン浦和美園イオンモール店にコーヒーメーカーの売れ筋を取材した。売り場ではカプセルタイプの人気が伸びており、同店スタッフの西上順三氏は「一般的なタイプと半々というところまで来ていますね。手軽においしいコーヒーが飲めるということで、20~40代の方を中心によく売れています。プレゼント需要も高いジャンルです」と語る。カプセルタイプの売れ筋モデルは以下のとおりだ。

■カプセルコーヒーメーカーの売れ筋ランキング
1位 ゴールドブレンド バリスタi HPM9635 ネスレ 8380円
Bluetoothでスマホと連動する機能を備える。ゴールドブレンドやプレジデントなどのエコ&システムパックに対応し、タンク容量は1000mLとなる。サイズはW178×D289×H320mm。
2位 ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム MD9771 ネスレ 1万800円
ドルチェグスト対応の1000mLモデルで、カプセルによって最適な抽出量でオートストップする機能を備える。ポンプ圧は15気圧。サイズはW165×D257×H296mmとなる。
同率3位 ドルチェグスト ジョビア NDG250 ネスレ 5530円
ドルチェグスト対応のコンパクトなエントリーモデル。容量は800mLで、オートストップ機能は非搭載となる。ポンプ圧は15気圧。サイズはW171×D228×H325mm。
同率3位 ドルチェグスト ドロップ MD9774 ネスレ 1万3500円
しずくの形状をモチーフにしたドルチェグスト対応モデル。オートストップ機能とタッチスクリーンを搭載する。容量は800mLで、ポンプ圧は15気圧。W252×D252×H319mmとなる。
5位 SPECIAL.T My T. ST9662P ネスレ 1万800円
カプセル式ティー専用マシンで、茶葉ごとに最適な蒸らし時間や温度を自動設定してティーを抽出する。濃度は5段階で設定可能だ。容量は1500mLで、サイズはW161×D306×H266mm。

 ネスレ製品がずらりと並ぶ構成となったが、対応カプセル(カートリッジ)が異なるタイプが複数並んでいるのが興味深い。「カプセルはすぐに使い切る方が多く、“カプセル縛り”で機種選びを限定する傾向は感じません。手持ちの機種や対応カプセルによらず、いま買える製品のなかで気に入ったものを選ばれる傾向が強いように思います」という。モデルごとの人気の理由は次のページから見ていこう。

※参考…同店の炊飯器の売れ筋ランキング
1位 Wおどり炊き SR-SPX106 パナソニック 8万9800円
2位 南部鉄器 極め羽釜 NP-AS10 象印マホービン 13万8000円
3位 GRAND X THE炊きたて JPX-102X タイガー魔法瓶 11万8000円
4位 本炭釜 KAMADO NJ-AW107 三菱電機 9万9800円
5位 備長炭かまど本羽釜 RC-10ZPK 東芝 11万3000円
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ジョーシン浦和美園イオンモール店。カプセルタイプは、コーヒーメーカーコーナーのなかでも目立つところに置かれている
※掲載している価格は、2016年10月12日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。