前回の「オーブンレンジ、大きく進化した『ヘルシオ』が好調」に引き続き、今回はジョーシン浦和美園イオンモール店における洗濯機の売れ筋をリポートする。洗濯機は、ドラム式とタテ式の売れ行き比率が地域によって大きく変わることで知られる。外干しが難しいマンションや集合住宅が多い地域はドラム式が優勢になり、一戸建てが多い地域ではコストパフォーマンスに優れたタテ式がよく売れるという具合だ。同店では、4:6でタテ式がよく売れているとのこと。

 それを踏まえて、洗濯機の売れ筋ランキングをみてみよう。

●洗濯機の売れ筋ランキング
1位 NA-F10AH5J パナソニック 12万8000円
泡洗浄機能を備えたタテ式洗濯機で、容量は洗濯脱水10kgとなる。「NA-FA100H5」をベースにしたジョーシン独自モデル。標準使用水量は104Lだ。サイズはW599×D648×H1071mm。
2位 ビートウォッシュ BW-V80B 日立アプライアンス 9万4800円
洗濯脱水容量8kgのタテ式洗濯機。高濃度洗剤液を衣類に浸透させて強力に洗浄するのがポイント。乾燥機能はなく、標準使用水量は92Lとなる。サイズはW608×D610×H1000mm。
3位 NA-FA70H5 パナソニック 9万9800円
泡洗浄機能を搭載した洗濯脱水容量7kgのタテ式洗濯機。標準使用水量は92Lで、乾燥機能は非搭載。NA-F10AH5Jと同じく、操作パネルは後部にある。サイズはW564×D573×H1021mm。
4位 ザブーン AW-7D6 東芝 10万8000円
洗い約26dB/脱水約37dBと低騒音・低振動のタテ式洗濯機で、洗濯脱水容量は7kgとなる。標準使用水量は98L。乾燥機能はなく、サイズはW600×D569×H980mmとなる。
5位 ビートウォッシュ BW-DX120B 日立アプライアンス 21万8000円
洗濯脱水12kg/乾燥6kgの大容量が特徴のタテ式洗濯機。投入口の幅が43cmと広く、BW-V80Bと同じ方式で効率的に洗濯する。標準使用水量は125Lで、サイズはW650×D645×H1060mm。

 立地条件もあって、ベスト5はタテ式が占める構造になっていた。タテ式のなかでも10kg以上のモデルが2機種あり、大容量化が進んでいることをうかがわせる。同店スタッフの篠崎雄太氏は「家族の洗濯を一度に済ませたいというニーズと、毛布やカーテンなどの大物を洗いたいというニーズが増えていることが関係しているかもしれません」と話していた。モデルごとの人気の理由は次のページから探っていこう。

※参考…同店のオーブンレンジの売れ筋ランキング
1位 ヘルシオ AX-XW400 シャープ 16万8000円
2位 ビストロ NE-BS1400 パナソニック 15万8000円
3位 石窯ドーム ER-RD7000 東芝 15万8000円
4位 ヘルシオ AX-AS400 シャープ 9万4800円
5位 ヘルシーシェフ MRO-TW1U 日立アプライアンス 8万4800円
ジョーシン浦和美園イオンモール店の洗濯機売り場。9月に出そろった新製品が並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
※写真で掲載している価格は、2017年10月2日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。