VIERAは自然な発色が人気、REGZAはタイムシフト機能が決め手

 4位は、パナソニックの55V型有機ELモデル「VIERA TH-55EZ950」。価格がほぼ同じ1位のBRAVIA KJ-55A1のライバル的な売れ方をしているが、A1シリーズとは映像表現の方向性が異なるという。

「有機ELは(画面の)明るさが強いですが、そこを適度に抑えて自然な発色や色味にしているのが特徴です。長時間視聴しても目が疲れにくいという理由で選ばれることが多い印象です。かつてのプラズマテレビで培ったノウハウが生かされているところもあり、信頼感が大きいですね」

パナソニック「VIERA TH-55EZ950」
[画像のクリックで拡大表示]

 5位の東芝「REGZA 55X910」も、1位と4位と同じ価格帯でライバルといえるが、チューナー数が突出して多く、外付けHDDを複数台つなげば最大8チャンネルを同時にタイムシフト録画できるというユニークな個性で選ばれることが多い。

「REGZAは昔から外付けHDD録画に強いですが、そこを期待して購入する人はやはり多いですね。レコーダーを使わずに録りっぱなしの環境が作れるうえ、有機ELのすごみが味わえるということで評価されています」

東芝「REGZA 55X910」
[画像のクリックで拡大表示]

■はみ出し情報…リビング向けの液晶テレビの一番人気は「BRAVIA KJ-55X9000E」

 有機ELの勢いが目立つが、いまも同店のリビングテレビの売れ行きの6割を担っているのは液晶テレビだ。そのなかで一番売れているモデルは、ソニーの55V型モデル「BRAVIA KJ-55X9000E」だという。取材時の価格は25万9880円(ポイント10%)だった。

「直下型LEDと洗練された倍速表示機能により、液晶テレビとしては明暗の表現も、動きへの対応も相当強いモデルです。素早く流れるテロップもくっきり見えますからね。Android TVを搭載しているのも人気のポイントだと思います」

ソニー「BRAVIA KJ-55X9000E」
[画像のクリックで拡大表示]

著 者

古田 雄介(ふるた ゆうすけ)

1977年生まれ。建設業界と葬祭業界を経て2002年にライターへ転職し、テクニカル系の記事執筆と死の周辺の実情調査を進める。「古田雄介のアキバPick UP!」(ITmedia PC USER)「インターネット死生観」(デジモノステーション)「ネットと人生」(インプレス シニアガイド)などを連載。