黒が深くサウンドも好評な「BRAVIA KJ-55A1」

ビックカメラ・丸山氏が教える
有機ELテレビ選び 基本の三箇条

  1. 予算は30万円、画面サイズは55V型から。画質は4Kがスタンダード
  2. 動画配信サービスは多くが対応。アップデートを求めるならAndroid型を
  3. 設置の自由度は広めと考えていい。広視野角で色味が変わりにくい
ビックカメラ新宿西口店 ビジュアルコーナー担当 丸山慶将氏
[画像のクリックで拡大表示]

 一番人気となっているのは、ソニーの有機ELシリーズ「A1」に属する55V型モデル「KJ-55A1」。有機ELテレビのなかでは最小クラスで比較的買いやすい価格であることから、この45万前後(税込み50万円を切る)のラインが売れ筋となっている感がある。

 なかでもこのモデルが売れている理由は、暗部の表現とサウンドにあるという。「有機ELテレビは全体的に暗部の表現力が優れていますが、A1シリーズは高画質プロセッサー『X1 Extreme』を搭載していて、黒のキレがすごいです。加えて、画面全体から音が出る構造になっているので、臨場感があるのとスピーカーのスペースがいらないということで、設置場所の事情から喜ばれているところもあります」

ソニー「BRAVIA KJ-55A1」
[画像のクリックで拡大表示]

 続く2位は、LGエレクトロニクスの「OLED TV OLED55C7P」。こちらも55V型の有機ELテレビで、狭額デザインを採用している。

「当店が扱っている有機ELテレビのなかでもっとも安く、コスパ重視でよく選ばれます。単に安価なだけでなく、有機ELの草分けメーカーとしての知名度が広まっていて、品質に対する信頼性が大きいのも売れ行きに強く関係していると思います」

LGエレクトロニクス「OLED TV OLED55C7P」
[画像のクリックで拡大表示]

 3位は、ソニーの「BRAVIA KJ-65A1」。1位と同じA1シリーズに属する65V型モデルで、価格は74万9880円と跳ね上がる。それでも、設置スペースに余裕のある層や映像の臨場感を重視する層に支持されているそうだ。

「リビングのテレビは7~8年が買い替えの目安になるので、東京オリンピックを見据えて選ばれる方も珍しくないですね。このサイズでも本体だけなら29.8kgということで、まれですが壁掛けを希望される方もいらっしゃいます」

ソニー「BRAVIA KJ-65A1」
[画像のクリックで拡大表示]