今回は、e☆イヤホン秋葉原店にイヤホンの売れ筋を取材した。店長のゆーきゃん氏によると、最近はイヤホン全体のラインアップが増えており、トレンドの変化が激しいという。「これまでの高級志向から、コストパフォーマンス重視への流れに変わってきていますね。1万円級の音が鳴らせる5000円前後の入門機が支持を集めています」と語るように、1万円前後で売られている各社の高音質モデル並みの性能を持つ5000円クラスの入門機が続々と登場し、好調に売れていることが分かった。

 下記の売れ筋ランキングでも、その傾向がはっきり読みとれる。

■イヤホンの売れ筋ランキング
1位 Co-Donguri雫 茶楽音人 4460円(税込み)
「Donguri-楽」のコンセプトや外観を踏襲したエントリーモデル。付属のイヤーチップにより、通常装着と耳かけ装着が選べる。ケーブル長は1.2m。銀系と金系、青系の3色をそろえる。
2位 WHITE TENORE ZERO AUDIO 4374円(税込み)
ロングヒットしている「CARBO TENORE」のホワイトモデルで、コードのからまりを防止するマグネットクリップを新たに同こんしている。ケーブル長は1.2mとなる。
3位 Auglamour R8 Auglamour 4500円(税込み)
リケーブルタイプのイヤホンで、同店が独占先行販売している。付属品により通常装着と耳かけ装着が選べる。カラーはブラックとシルバーの2色を用意。ケーブル長は1.2m。
4位 E700M オンキヨー 1万420円(税込み)
ツイストケーブルを採用したイヤホン。ケーブル長は1.2mで、音楽再生と音声通話を切り替えるコントロールマイクを備える。カラーはブラックとホワイトの2種類をラインアップする。
5位 HA-FX850 JVCケンウッド 2万5760円(税込み)
ハウジングやドームユニット、ダンパーにいたるまで木材を採用した最新ウッドシリーズの上位に位置するモデル。リケーブル構造を採用しており、ケーブル長は1.2mとなる。

 トップ3を税込み5000円切りの入門クラスが埋めて、1万円級と2万円台の上位クラスが続く構図になっていた。マニア層が多く集まる同店としては、これまでの調査と比較してもやや珍しい並びといえる。「ありがたいことにお客さんの層が拡大しているというのがあると思います。多くのメーカーが戦略的に5000円前後の高コスパモデルを投入してきているのも大きく影響しているでしょう」という。各モデルの人気の理由は次のページから追っていこう。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
カンダエイトビル4階にあるe☆イヤホン秋葉原店。イヤホンの注目モデルは入り口入ってすぐのコーナーにまとめられていることが多い
※掲載している価格は2016年8月22日13:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。