今回は、秋葉原にある大型PCパーツショップ・TSUKUMO eX.にNASキットの売れ筋を取材した。NASキットは、HDDが含まれていない状態で売られており、自分で用意した内蔵型HDDを組み込んで使うことを想定したもの。購入者は、好みの容量や速度のドライブが使え、交換や増設も自由にできる。HDD組み込み済みのNAS以上にNASキットがよく売れるのは、PCパーツショップならではだろう。

 最近の売れ筋について、同店でストレージコーナーを担当する松本尚樹氏は「HDDが1~2台入る1~2ベイのタイプがよく売れています。スマホを含めた複数の端末でアクセスするためにNASを導入するという方も多いですね。法人の方は、4台以上入るタイプと8TBや10TBのHDDをセットで買われるというパターンがよくみられますね」という。最近は、初めてのNASにNASキットを選ぶという人も珍しくないそうだ。

 そうした傾向のなかで目立って売れているのは以下のモデルだ。

●NASキットの売れ筋ランキング
1位 DiskStation DS216j シノロジー 1万6980円
3.5インチ2ベイタイプのNASキットでRAID 0/1が構築できる。1GHz動作のデュアルコアCPUと512MB DDR3メモリーを搭載し、DLNAに対応する。サイズはW100×D226×H165mm。
同率2位 DiskStation DS115j シノロジー 1万2593円
800MHzのシングルコアCPUを搭載した2014年9月発売モデル。3.5インチ1ベイタイプで、256MB DDR3のメモリーを積んでいる。DLNAに対応し、サイズはW71×D224×H166mmとなる。
同率2位 TS-431P QNAP 4万1481円
2.5/3.5インチ両対応の4ベイを備え、RAID 0/1/5/5+spare/6/10が構築できる。1GB DDR3メモリーと1.7GHz動作のデュアルコアCPUを積み、DLNA対応。サイズはW160×D219×H169mm。
同率2位 TS-251A-2G QNAP 4万3000円
2.5/3.5インチ両対応の2ベイモデルで、RAID 0/1が構築できる。2GB DDR3Lメモリーと1.6GHzのデュアルコアCeleronを搭載し、サイズはW102×D219×H169mmとなる。DLNA対応。
5位 TS-128 QNAP 1万4500円
3.5インチベイ1基を備えたシンプルなNASキットで、1.1GHz動作のデュアルコアCPUと1GB DDR3メモリーを搭載している。DTCP-IPに対応し、サイズはW60×D125×H187.7mmとなる。DLNA対応。

 HDDが2台入る「DiskStation DS216j」が抜きん出た売れ方をしており、同率2位で3モデルが続く構成になっていた。購入層の中心は個人ユーザーで、法人需要が目立つのは4台タイプの「TS-431P」くらいという。それぞれの人気の理由は次のページから追っていこう。

TSUKUMO eX. 3階にあるストレージコーナー。内蔵用のHDDやSSD、外付けHDDなどと並んでNASキットやLAN関連機器も並べている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は、2017年7月21日14:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。