前回の「スポーツ向けイヤホン、無線式の『XT FREE』が人気」に続き、今回はe☆イヤホン秋葉原店に1万円を超える価格帯のイヤホンの売れ筋を取材した。同店広報の松田信行氏は「少し前までは、1万円超えは高級というイメージも強かったですが、最近は普通の価格帯と捉える人も多いですね。入門用に調べていったらこのクラスに行き着くことも普通にあるという感覚です」と語る。

 それを踏まえて、最新ランキングを見ていこう。

●1万円超イヤホンの売れ筋ランキング
1位 SE215m+ Special Edition SHURE 1万2276円(税込み)
2016年9月に売り出されたSE215のバリエーションモデル。「SE215 Special Edition」と同じチューニングで、マイクを内蔵している。カラーはホワイトのみで、MMCXケーブルに対応。
2位 MA750 RHA 1万3020円(税込み)
ステンレス削り出しのハウジングを採用した、2013年12月発売のハイスペックモデル。ケーブルは耳掛けに向いたカーブを描いている。カラーはシルバー1色。リケーブルは非対応。
3位 HP-NHR21 radius 1万2510円(税込み)
「High-MFDチューニング」による解像感の高いハイレゾ対応をうたう2015年5月発売モデル。カラーバリエーションはレッドとブラックの2色で、リケーブルは非対応となる。
4位 ATH-LS70 オーディオテクニカ 1万3910円(税込み)
ひとつのユニット内に2つのドライバーを直列に配置した「デュアルD型」機構が特徴。2016年11月に発売されたモデルで、カラーは1色のみ。交換ケーブルはA2DCに対応する。
5位 HEM1 NuForce 1万2510円(税込み)
2017年3月に登場した、フルレンジBAドライバー搭載のコストパフォーマンスモデル。2pinリケーブルに対応し、カラーバリエーションはブラックとレッド、ブルーの3種類をそろえる。

 SHUREの「SE215m+ Special Edition」と、RHAの「MA750」という以前からの人気モデルが上位に並び、国内メーカーのradiusが続く構図になっていた。その下にはオーディオテクニカやNuForceの新しいモデルも台頭しており、新しい動きも見逃せない。それぞれの人気の理由は次のページから追っていこう。

※参考…同店のスポーツイヤホンの売れ筋ランキング
1位 XT FREE Skullcandy 1万2010円(税込み)
2位 Under Armour Sport Wireless JBL 1万4463円(税込み)
3位 Rio 3 ERATO 9600円(税込み)
4位 X3 Wireless JayBird 1万8230円(税込み)
5位 SOL RELAYS SPORT Wireless SOL REPUBLIC 7040円(税込み)
カンダエイトビル4階にあるe☆イヤホン秋葉原店。入り口から一歩入った棚には、1万円超のモデルが多数並べられている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は2017年6月7日15:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。