今回は、e☆イヤホン秋葉原店でスポーツ向けイヤホンの売れ筋を取材した。スポーツイヤホンはワイヤレスタイプが主流になってきており、新作も大半がワイヤレスコーナーに並んでいる。同店広報の松田信行氏は「音質が良くなっているのはもちろん、バッテリーの持ちも良くなってきているので、新しいのを試してみようという需要もありますね。夏に向けて伸びています」と話す。近々の売れ筋ランキングは以下のとおりとなる。

●スポーツ向けイヤホンの売れ筋ランキング
1位 XT FREE Skullcandy 1万2010円(税込み)
水分を含むと乾燥時よりも外れにくくなるイヤーピースを採用したBluetoothタイプで、約6時間の連続再生ができる。ドライバーは9mm径で、本体重量は16g。カラーバリエーションは4種類。
2位 Under Armour Sport Wireless JBL 1万4463円(税込み)
約8時間の連続再生が可能なIPX5対応のBluetoothモデル。回転して耳に装着することで、装着性の高さと外れにくさを両立している。5.8mmドライバー採用で、本体重量は約18g。カラーは4種類。
3位 Rio 3 ERATO 9600円(税込み)
大きめのイヤーフックを採用した左右分離型のBlurtoothイヤホン。連続再生6時間のロングバッテリーを備え、ドライバーは14.2mm径となる。本体重量は計28g。カラーは5種類となる。
4位 X3 Wireless JayBird 1万8230円(税込み)
「MYSOUND」アプリでサウンドをカスタマイズできるBluetoothモデルで、連続再生は8時間。6mmドライバーを採用し、本体重量は14.8gとなる。カラーバリエーションは4種類。
5位 RELAYS SPORT Wireless SOL REPUBLIC 7040円(税込み)
本体重量約14gの軽さとIPX4等級の防水性を備えるBluetoothイヤホン。フル充電で約8時間再生できるほか、10分の急速充電で1時間の再生も可能。ドライバー径は非公開。カラーは3種類。

 上位5モデルはすべてワイヤレスで、3位には左右独立型の「Rio 3」がランクインするなど、新しい潮流を感じさせる並びとなっていた。5位の「RELAYS SPORT Wireless」のように、カラーリングを含むファッション性が重視される動きも見られる。モデルごとの人気の理由は次のページから追っていこう。

※過去のスポーツイヤホンの売れ筋リポート

2016年9月 e☆イヤホン秋葉原店

2015年10月 e☆イヤホン秋葉原店

カンダエイトビル4階にあるe☆イヤホン秋葉原店。拡大しているワイヤレスイヤホンコーナーのなかにスポーツイヤホンが多く展示されている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は2017年6月7日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。