ベッド派に人気の「プラズマクラスターふとん乾燥機」、マット式一番人気は「AD-X50」

 4位はシャープの「プラズマクラスターふとん乾燥機 UD-AF1」。本体は据え置きにして使うモデルで、上部の「きのこアタッチメント」をふとんにセットして乾燥する。アタッチメントを少し上向きにして本体に置くことで、部屋干しや押し入れの乾燥などにも使える。同社お得意のプラズマクラスターにより、消臭効果やなども期待できるという。

 「ベッドルーム用のふとん乾燥に買っていかれる方が多い製品です。空気清浄機ほどの性能はありませんが、部屋の空気浄化を期待して選ぶ方も多いですね」

シャープ「プラズマクラスターふとん乾燥機 UD-AF1」
[画像のクリックで拡大表示]

 5位の三菱電機「AD-X50」は、ランキング中唯一のマット式だ。昔からマット式を愛用している人も多く、そのなかでとくに支持を集めているのがこのモデルだ。

 「本体正面のつまみで操作できる簡単さと、枕まで一緒に乾燥できるつくりが人気です。マットにTシャツなども入れられますし、マットを外して靴乾燥も可能と、柔軟に活躍できるところもポイントですね。そのうえでこのお値段(5570円)ですから」

三菱電機「AD-X50」
[画像のクリックで拡大表示]

■はみ出し情報・・・畳の上で寝る人に人気の「アッとドライ HFK-VH880」

 ふとん乾燥の効率は、床のタイプによって変わる。もっとも時間がかかるといわれているのは畳にふとんを敷いている場合だ。敷きぶとんと畳の間を乾燥する時間がかかる。

 畳で寝ている人には、日立アプライアンス最上位の「アッとドライ HFK-VH880」が人気だという。価格は1万5880円(ポイント10%)。

 「アタッチメント部が角度を調節できてふとんを挟み込めるようになっています。敷きぶとんを挟んで使えば、畳と掛けぶとんにも同時に温風が送れるんです」

日立アプライアンス「アッとドライ HFK-VH880」
[画像のクリックで拡大表示]
挟み込めるアタッチメント。吹き出し口はHFK-BK500と同じ13カ所だ
[画像のクリックで拡大表示]

著 者

古田 雄介(ふるた ゆうすけ)

1977年生まれ。建設業界と葬祭業界を経て2002年にライターへ転職し、テクニカル系の記事執筆と死の周辺の実情調査を進める。「古田雄介のアキバPick UP!」(ITmedia PC USER)「インターネット跡を濁さず」(d.365)「ネットと人生」(インプレス シニアガイド)などを連載。