前回の「食洗機はパナソニック一強、買い換え需要で盛り上がる」に引き続き、今回はジョーシン浦和美園イオンモール店に扇風機の売れ筋を取材した。同店では例年、30度を超す日をきっかけにクール家電が本格的に売れるようになるという。

 クール家電のなかでも気温に対する反応が早いといわれる扇風機だが、同店スタッフの西上順三氏は「長年使うことを想定して省エネなDCモータータイプを選ぶ動きが年々高まっています。加えて、近ごろは自然な風に注目が集まっていて、羽根の枚数が多いモデルがよく出ていますね」という。

 それを踏まえて、最新の売れ筋ランキングをみていこう。

●扇風機の売れ筋ランキング
1位 F-CP338 パナソニック 1万7800円
7枚羽根のDCモーターモデルで、風量調節は7段階に対応する。温度センサーを備え、室温に応じた自動運転も可能だ。消費電力は2~19Wで、サイズはW370×D370×H793~963mm。
2位 HEF-DC300 日立アプライアンス 1万8480円
8枚羽根のDCモータータイプで、6段階の風量調整ができる。タッチタイプのボタンを採用しており、消費電力は2~21Wとなる。サイズはW371×D370×H735~950mm。
3位 F-CP324 パナソニック 8980円
7枚羽根を採用したACモーターモデル。風量調整は弱中強の3段階で、消費電力は60Hz帯で最大43W、50Hz帯で最大38Wとなる。サイズはW367×D350×H715~960mm。
4位 HEF-120M 日立アプライアンス 9380円
8枚羽根を採用したACモーターモデルで、4段階の風量調整ができる。消費電力は60Hz帯で最大41W、50Hz帯で最大38Wとなる。サイズはW371×D370×H735~950mm。
5位 YLR-BGT30 山善 6180円
ガードに触れると回転を止めるACモーターモデルで、5枚羽根を採用する。風量調整は3段階。消費電力は60Hz帯で最大50W、50Hz帯で最大48W。W355×D355×H660~850mm。
6位 YT-S3356VFR YUASA 6980円
こちらもタッチストップを備えた5枚羽根のACモーターモデル。風量調整は4段階で、消費電力は60Hz帯で最大45W、50Hz帯で最大42W。W360×D360×H650~820mmとなる。

 羽根の枚数が多いDCモータータイプが2トップになるなど、トレンドを反映したランキングとなっていた。一方で、ACタイプも3位以下に多数並んでおり、従来タイプの人気も衰えていないことをうかがわせる。「暑くなってきたから、ポケットマネーですぐ買える1万円以下のモデルをお買い求めになる方も多いですからね。すると、低価格なACタイプが選択肢になります」という。同店のDCタイプとACタイプの売れ行きはだいたい半々とのことだ。

 モデルごとの人気の理由は次のページからみていこう。

※参考…同店の食洗機&食器乾燥機売れ筋ランキング
食洗機1位 NP-TR9 パナソニック 7万8000円
食洗機2位 NP-TM9 パナソニック 5万9800円
食洗機3位 プチ食洗 NP-TCR4 パナソニック 5万7800円
食器乾燥機1位 FD-S35T3 パナソニック 1万4800円
食器乾燥機2位 VD-B10S 東芝 1万3800円
ジョーシン浦和美園イオンモール店の季節家電コーナー。取材日の時点で、エアコンや冷風機の売れ行きも盛り上がっていた
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は、2017年5月23日15:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。