前回の「格安スマホは『P9 Lite』が幅広い層に人気を集める――ビックカメラに聞く」に引き続き、今回はビックカメラ新宿西口店にタブレットの売れ筋を取材した。

 携帯電話コーナー主任の室井貴宏氏によると、タブレット市場はスマホ市場以上にアップルの存在感が大きいという。「iPadの画面サイズの変化にタブレット市場全体が追随するくらいの影響力が続いていますね。タブレット=iPadと捉えている方が、スマホ=iPhoneという方より明らかに多いです」

 売れ筋ランキングもそうした傾向を如実に示していた。なお、今回はSIMスロットを搭載するタイプは除外し、Wi-Fiオンリータイプの売り上げで集計している。

■タブレット(Wi-Fi型)の売れ筋ランキング
1位 iPad 32GBモデル アップル 3万7790円(ポイント1%)
2048×1536ドットの9.7型液晶を採用したiOS 10端末。A9チップを搭載し、背面に8メガ、前面に1.2メガのカメラを備える。サイズと重量はW169.5×D7.5×H240mm/約469gとなる。
2位 iPad 128GBモデル アップル 4万8790円(ポイント1%)
現行のiPadはストレージ容量が2タイプあり、その大容量モデルとなる。プロセッサーや画面解像度、サイズと重量は1位の32GBモデルと同じ。カラーも同様にシルバーとゴールド、スペースグレイの3種類だ。
3位 iPad mini アップル 4万5790円(ポイント1%)
2048×1536ドットの7.9型液晶を採用した端末で、ストレージ容量は128GBのみとなる。背面8メガ、前面1.2メガのカメラを備え、カラーはiPadと同じ3種類。W134.8×D6.1×H203.2mm/約298.8g。
4位 MediaPad T2 8.0 ファーウェイ・ジャパン 1万7550円(ポイント10%)
フルHDの8.0型液晶を搭載したAndroid 6.0端末で、16GBの内蔵ストレージとmicro SDカードスロットを備える。背面8メガ/前面2メガのカメラを持ち、サイズと重量はW123×D8.1×H209.3mm/約340g。
5位 LAVIE Tab E NEC 1万5630円(ポイント10%)
1280×720ドットの7.0型液晶を採用したAndroid 6.0端末で、16GBストレージとmicro SDカードスロットを備える。カメラは背面5メガ、前面2メガとなる。W97.7×D8.9×H188mm/約255g。

 iPadシリーズがトップ3に並び、4位以下には低価格帯のAndroidタブレットが続く構図になっていた。「OS単位で見ると、タブレットは6~7割がiOSデバイスとなります。ただ、多くの主要アプリは両OSに対応していますし、割安さからAndroidに注目する人も増えています。Androidの入門機がランクインしているのもそうした流れが関係していると思います」という。モデルごとの人気の理由は次のページから追っていこう。

※参考…同店の格安スマホの売れ筋ランキング
1位 P9 Lite ファーウェイ・ジャパン 2万3890円(ポイント10%)
2位 ZenFone 3 Lazer エイスーステック 2万7780円(ポイント1%)
3位 Priori 4 フリーテル 1万4770円(ポイント10%)
4位 VAIO Phone A VAIO 2万4770円(ポイント1%)
5位 arrows M03 富士通 3万1880円(ポイント10%)
ビックカメラ新宿西口店の4階にあるアップル製品売り場。iPadシリーズはこちらにまとめられている
[画像のクリックで拡大表示]
Andorid系のタブレットは同フロアの別の売り場に並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格とポイントは、2017年5月10日14:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。