今回はビックカメラ新宿西口店にて、いわゆる格安スマホと呼ばれるSIMフリースマホの売れ筋を取材した。スマホ売り場全体の売り上げでは、大手キャリアの端末のシェアが8割近くを占めるが、格安スマホの需要は着実に伸びているという。

 同店の携帯電話コーナー主任の室井貴宏氏は「〝格安スマホ”という言葉がだいぶ浸透したこともあり、最近は高齢な方からも相談を受けることが多くなっています。すでに、詳しい人だけの市場ではないですね」という。そのなかで市場をけん引している人気モデルは以下のとおりだ。

●格安スマホの売れ筋ランキング
1位 P9 Lite ファーウェイ・ジャパン 2万3890円(ポイント10%)
5.2型フルHD液晶を搭載したAndroid 6端末。nanoSIMスロットを2基備え、メモリーとストレージは2GB/16GBとなる。バッテリーは3000mAhで、サイズと重量はW72.6×D7.5×H146.8mm/約147g。
2位 ZenFone 3 Laser エイスーステック 2万7780円(ポイント1%)
5.5型フルHD液晶搭載のAndroid 6.0.1端末で、microSIMとnanoSIMスロットを各1基備える。4GBメモリーと32GBストレージを採用し、バッテリーは3000mAh。W76×D7.9×H149mm/約150g。
3位 Priori 4 フリーテル 1万4770円(ポイント10%)
1280×720ドットの5型液晶を採用するAndroid 6端末。2GBメモリーと16GBストレージを備え、microSIMとnanoSIMに両対応する。バッテリーは4000mAh。W71.5×D9.5×H144.8mm/約167g。
4位 VAIO Phone A VAIO 2万4770円(ポイント1%)
5.5型フルHD液晶搭載のAndroid 6.0.1モデル。3GBメモリーと16GBストレージを備え、バッテリーは2800mAhとなる。microSIMとnanoSIMに両対応し、W77×D8.3×H156.1mm/約167g。
5位 arrows M03 富士通 3万1880円(ポイント10%)
nanoSIMに対応するAndroid 6端末で、メモリーとストレージは2GB/16GB。バッテリーは2580mAhで、液晶は1280×720ドットの5型となる。サイズと重量はW72×D7.8×H144mm/約141g。

 格安スマホのボリュームゾーンになっている2万円台のモデルが多数ランクインしているが、ストレージ容量やバッテリー容量、カメラ性能の差は大きく、スペックの幅は広めになっている様子だ。室井氏は「ビジネスパーソンがサブ機として選ぶ場合と、初めてのスマホとして購入される場合では、重視されるスペックが変わってきますからね。いまは格安スマホの購入層が広がっているところなので、それを反映しているところはあるでしょうね」と語る。

 モデルごとの人気の理由は次のページから追っていこう。

ビックカメラ新宿西口店の3階にある格安スマホコーナー。SIMカードとのセット割りのPOPも目立っている
[画像のクリックで拡大表示]
※掲載している価格は、2017年5月10日14:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。