今回はヨドバシカメラ新宿西口本店にホットプレートの売れ筋を聞いた。同店の吉田寛幸氏によると、売れ筋の中心は従来型が担っているが、近年は“インスタ映え”するホットプレートも注目を集めているという。「ゴールデンウィークや夏休み、年末年始など、家族が集まるハレの日の前によく売れます。そこに、ちょうど1年前からでしょうか、デザイン性で注目されるモデルのブームが来た感触ですね」とのことだ。

 売れ筋ランキングを見ると、その新潮流も小さくはないことが窺える。

●売れ筋ホットプレートランキング
1位 やきやき EA-GV35-TD 象印マホービン 1万3570円(税込み/ポイント10%)
調理面の半面を覆う平面ハーフプレートのほか、穴あき焼き肉プレートや30個対応のたこ焼きプレートも備える。収納ホルダー同梱で、サイズと重量はW540×D375×H120mm/約9.0kg。
2位 これ1台 CRV-G300 タイガー魔法瓶 1万4520円(税込み/ポイント10%)
30個たこ焼きプレートや穴あき波形プレートを備える上位モデル。蓋でロックして本体をまとめて縦置きで収納できる。プレート収納ケースも同梱し、W569×D385×H127mm/約8.6kg。
3位 Table Grill Pure/Stone プリンセス 2万1600円(税込み/ポイント10%)
セラミックコーティングしたアルミダイキャストプレートを採用したモデル。「Pure」はホワイト、「Stone」はブラック、グレー、ホワイトの3色。W614×D255×H70mm/約3.4kg。
4位 これ1台 CRC-B301 タイガー魔法瓶 1万300円(税込み/ポイント10%)
穴あき波形プレートやたこ焼きプレート同梱のコスパモデル。まとめて収納する機能は持たないが、プレート丸洗いには対応する。本体サイズと重量はW538×D358×H127mm/約6.0kg。
5位 グラファイトグリラー CAG-G13AS/G アラジン 2万6180円(税込み/ポイント10%)
上部にある遠赤グラファイトの発熱によって調理するプレートで、あぶり焼きや干物にも使える。収納ケースを同梱し、本体サイズと重量はW550×D310×H314mm/約4.3kgとなる。

 象印マホービンとタイガー魔法瓶の2大メーカーの従来型が安定した人気を発揮するなかで、3位にプリンセス「Table Grill Pure/Stone」、5位にアラジン「グラファイトグリラー」と2万円超のモデルが入り込んで存在感を放っている。吉田氏は「ホットプレートの売れ筋は1万円から1万5000円くらいですが、2万円超のモデルを指名買いされる方も目立ってきていますね」という。モデルごとの人気の理由は次のページから追っていこう。

ヨドバシカメラ新宿西口本店 マルチメディア館の北館5階にあるホットプレート売り場
[画像のクリックで拡大表示]
※なお、写真や文章で掲載している価格とポイントは、2018年4月11日15:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。